ジミ・ヘンドリックス讃歌

ジミ・ヘンドリックスWに関して今さらオイラあたりが説明してもしょうがない、てゆーか門外漢なので、彼がロック以外のジャンルに与えた影響についてちょこっと書こうと思う。もう40年も前に亡くなったにもかかわらず、彼の音楽は未だに先鋭的で斬新、且つ、大変刺激的だ。「音」に対する感覚がやっぱり普通のミュージシャンとは違うのだろう。この斬新さはロックの世界はもとよりジャズ、クラシックにも多大な影響を与えているしね。クラシックの世界ではクロノス・クァルテットWのアルバム「紫のけむり~現代の弦楽四重奏曲」はとっても有名。このアルバムは超クールでオイラも大好きだ。

紫のけむり~現代の弦楽四重奏曲/クロノス・クァルテット

紫のけむり~現代の弦楽四重奏曲/クロノス・クァルテットミュージック

価格¥ 1,080

アーティストクロノス・カルテット

クリエータークロノス・カルテット, スカルソープ, サリネン, グラス, ナンカロー, リフキン, ヘンドリックス

発行ワーナーミュージック・ジャパン

発売日2000/06/20

カテゴリーCD

Supported by amazon Product Advertising API

実はクラシック・ギターの世界にもジミヘンをモチーフにした作品がある。イタリアのギタリスト作曲家、カルロ・ドメニコーニのギターソロ作品「ジミ・ヘンドリックス讃歌」がそれだ。カルロ・ドメニコーニはクラシック・ギターの世界では有名だが、一般的には全く無名であろう。クラシカルな曲から代表作「コユンババ」(オープンC♯マイナーという変わった変則チューニングを使用)のように民族音楽系の曲も書いたりと、とても多くの作曲スタイルを持つ作曲家ざんす。

んで、この「ジミ・ヘンドリックス讃歌」は非常に即興的な雰囲気(と言っても楽譜はちゃんと全ての音が書かれている)を持った作品で、「幻惑的カオス状態」=「サイケデリック」=「ドラッグでボロボロ」=「気がついたら天国に・・・」っていう気持ちにさせるなかなかヘビーな作品。

この手の作品はヘタをすると、原曲のいろんな有名フレーズをバシバシ突っ込んでわけわからん曲になってしまいがちなんですが、ドメニコーニはよぉ~~~く聴いてないと見逃しちゃうくらい断片的に、しかも極さりげなく使用している。下写真の3枚目はご存知「パープル・ヘイズ (紫のけむり)」の印象的なフレーズ (たった1小節だけ)、写真4枚目は曲尾に近いところで奏されるナチュラルハーモニクスだが、このメロディーは「星条旗」(なぜこの曲なのかはわかりますよね?)になっている。

楽譜表紙 楽譜冒頭 フレーズ1 フレーズ2

ちなみにこの作品はドメニコーニ自身が録音しているほか、日本では福田進一Wさんが録音していたっけ。意外に少ない。まぁ、難曲ということもあるからしょうがないか。youtubeで検索したらなんとチェコの名手Pavel Steidl (パヴェル・シュタイドル)の演奏があるじゃないの。素晴らしい!

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

    • けんいち
    • 2016年 9月 22日

    アメリカのギタリスト、ベンジャミン・ヴァードリーはソロで、リトル・ウィングとパープル・ヘイズを弾いています。(Ride the wind horse Newport Classic NPD85509)

    • Luzia
    • 2016年 9月 23日

    @けんいちさん
    ワタクシもこのCDを所有しております。

    学生時代の一時期、ハードロックやヘビーメタルにハマってエレキ・ギターを弾いていたのですが、ジミ・ヘンドリックスはその当時ワタクシにとって神でした。

    ヴァードリーさんのアレンジが余りにも素晴らしかったので以前、このアレンジが出版されているのかヴァードリーさんにメールで問い合わせたことがございます。

    残念ながら版権の問題があって出版出来ないと、ヴァードリーさんからとても親切な返信をいただきました。

  1. トラックバックはまだありません。

*