最近の若ぇギタリストはすげぇや。

最近のギタリスト、特にフラメンコやクラシックの分野の若手の中には、日本での知名度は低くても時として「こいつバケモンか?」っていうくらい馬鹿テクなギタリストがいるので侮れない。昨年末頃に知ったギリシャのDimitris Kotronakis(ディミトリ・コトロナキス)はそんなひとりである。1973年生まれだからまだ36歳ね。同じギリシャの名手でクラシック・ギターの世界では著名なCostas Cotsiolis (コスタス・コチョリス)の秘蔵っ子らしい。

このコトロナキス君、クラシックはもとよりジャズの演奏もなかなか巧い。彼のサイトでDjango Reinhardt (ジャンゴ・ラインハルトW)の名曲「Nuages (ヌアージュ」(ローラン・ディアンスW編で弾いている)やRaphaël Faÿs (ラファエル・ファイス)の作品を演奏している動画が見られるよ。

で、つい自分の目を疑ってしまったのがリムスキー・コルサコフWの「熊蜂の飛行」をギターソロで演奏している動画。

「な、なんじゃー、おまんのその指の動きはっ!なめとんのかぁ~おりゃぁー!」

と、つい取り乱すほどガチンコかつ完璧な演奏じゃないかい。下の動画をとくと御覧あれ。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

まぁ、よくぞこれ程までにレガートに弾けるもんだなと感心しきり。彼はいろいろな作品をアレンジしているようなので楽譜が出版されているのかと調べてみたが、全く見つからず・・・。しょうがない・・・。彼にメールした。そうしたらすぐに返信をくれた。やっぱり出版はされていないとのこと。ゆくゆくは出版したいらしい。

【2011年1月10日追記】
コトロナキス編の「熊蜂の飛行」が出版されました。興味のある方はこちらをご覧なされよ。

    • M
    • 2009年 7月 26日

    こんにちは。
    ブログOpenおめでとうございます。
    初日からデザインが変わりましたぁ?
    数日前一瞬、私のPCのエラーかしらと、焦りました。
    いつも楽しく読ませていただいてます。というか、私には知識がないのでお勉強させていただいてます。
    暑い中、四谷までお疲れ様です。
    Luzia様&ここへいらっしゃっている皆様のご健勝と、土下寝で昼寝!の末長いご発展を心よりお祈り申し上げま~す。

    • Luzia
    • 2009年 7月 26日

    @Mさん
    ようこそいらっしゃいました。会社に戻って仕事中に返信・・・。「管理人の素性」どおりの不良社員でございましょう。

    >初日からデザインが変わりましたぁ?
    誠に申しわけございません。何度も何度も変えてひとりで楽しんでました(汗)もうしばらくは変えませんです。

    これからも遠慮なく書き込みして下さいね。

  1. トラックバックはまだありません。

*