アーカイブ : 2009年 8月 6日

第二楽章

人類は戦争を完全に放棄することが出来るのだろうか?答えは限りなくNOに近い。勿論、戦争など絶対に無いほうがいい。しかし残念ながら人類の歴史を振り返ってみると、戦争の無かった時代は無かった。哀しいことに、むしろ戦争とともに歩んできたことは明白です。

1945年 (昭和20) 年8月6日午前8時15分。14万人の命が一瞬にして奪われ、その後も原爆症などの影響で亡くなった方々を含めると25万人もの犠牲者を出した運命の日から今日で64年。もちろん、太平洋戦争での犠牲者は広島だけではありません。1941年 (昭和16年)から1945年 (昭和20年)の3年8ヶ月に及ぶこの戦争での犠牲者は約300万人 (軍人、一般人)を数えるといいます。全世界では一体どれだけの方が逝かれたのであろうか・・・。
続きを読む