夭折の天才~ハファエル・ハベーロ

少なくとも15年以上前だったと思う。仕事で渋谷方面に行った帰りにHMVに立ち寄り、何気なくWorld Musicのコーナーに足を運び、フラメンコではなくブラジル音楽のCDを物色していた時に手にしたのがRaphael Rabello (ハファエル・ハベーロ、1962-1995)の「TODOS OS TONS」というアルバムだった。

「ラファエル・ラベッロ? (この時は正式な名前を知らなかった)知らねぇなぁ」と思いつつ裏面を見ると1曲目、Antonio Carlos Jobim (アントニオ・カルロス・ジョビンW)の名作「ジェット機のサンバ」の共演者の名前にパコ・デ・ルシアの名があるではないかっ!

「えっ!パコが共演してるんかい!」と快哉を叫び、速攻でレジにGo。早速家で聴くとこれが素晴らしいアルバムでビックリ。ジョビンのショーロ「ガロート」という曲では、ジョビン本人とも共演している。そして、ハファエルのあまりの上手さに二度ビックリ。Baden Powell (バーデン・パウエルW)以降のブラジリアン・ギタリストでは別格の上手さだ!

これ以降、彼の大ファンになった。が、1995年に衝撃的なニュースが・・・。なんと33歳という若さで急逝してしまったのだった。それも大変不幸な亡くなり方だった。

1989年に交通事故に遭遇し右腕を骨折。不幸中の幸いでギター演奏に支障が出ることなく程なく復帰。が、運命の女神は彼に微笑まなかった。手術の際に使用された輸血がHIVに感染していたのでだ。その事実を知らされたハファエルは、そのショックに耐えられずコカインに溺れてしまう。1995年に体調が悪化して麻薬依存症患者治療センターに入院するも治療の甲斐なく天に召されたのであった。

彼の死は多くのギタリストに衝撃を与えた。彼の死後数年経ってからリリースされた事実上の遺作「CRY, MY GUITAR」の裏面にはPat Metheny (パット・メセニーW)、アントニオ・カルロス・ジョビン、パコ・デ・ルシアが彼に贈った賛辞が掲載されている。以下、引用。
※ジョビンとパコは生前、メセニーは死後のもの。メセニーとパコの訳文はWikiからの引用。

Pat Metheny (パット・メセニー)
“Raphael Rabello was simply one of the greatest guitarists who has ever lived. His level of insight into the potential of the instrument was matched only by the great Paco de Lucia. He was ‘The’ Brazilian guitarist of our time, in my opinion. His loss at such a young age is an incredible loss, not only for what he already did, but for what he could have done.”
「やっぱりハファエル・ハベーロは最も偉大なギタリストの1人だ。ギターに秘められた力に対するハファエルの洞察力に肩を並べられるのは、偉大なパコ・デ・ルシアだけだ。ハファエルは私たちの時代では唯一無二のブラジリアン・ギタリストだったと思う。これまでの偉業だけでなく、これからできただろう偉業を考えると、こんなに若くしてこの世を去ったことは、信じられないほどの損失だ」

Antonio Carlos Jobim (アントニオ・カルロス・ジョビン)
“Rapahel is Brazil’s finest guitarist”
ハファエルはブラジルで最も卓越したギタリストだ。

Paco de Lucia (パコ・デ・ルシア)
“The best guitarist I’ve heard in years. He has overcome the technical limitations of the instrument, and his music comes unhindered from his soul, straight to the hearts of we who admire him.”
「最近聴いた中で一番のギタリストだね。ギターという楽器の技術的な限界を飛び越えてるんだ。そしてハファエルの音楽は、彼の魂から余すところなくダイレクトに、ハファエルの音楽を愛する僕たちの心に届くんだ」

生きていたとしたら47歳か。それでもまだまだ若いよね。早すぎる死は悔やんでも悔やみきれない・・・。

前述のアルバム「TODOS OS TONS」ではパコ・デ・ルシアが共演していたジョビンの「ジェット機のサンバ」を演奏するハファエル。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


Annibal Augusto Sardinha (通称Garoto <ガロート>)の「Lamentos do Morro」を演奏するハファエル。この曲は何度も録音しているのでお気に入りの作品なのかもしれない。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


死後にリリースされた事実上の遺作

Cry My Guitar / Raphael Rabello / CD ( Music )

Gsp Records( 2005-10-11 )

定価: ( 中古価格 ¥ 2,439 より )


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*