そうだ!カフェに行こう!

「あぁ~~~~~っ!かったりぃ。もうなんもしたくねぇ・・・」っていうだるだるな時や「何だかムシャクシャして全てをぶち壊してぇ~~~っ」っていう自暴自棄モードの時。そんな時は・・・

「カフェに行こうぜっ!」

1987年公開、Percy Adlon (パーシー・アドロン)監督の映画「Bagdad Café (邦題:バグダッド・カフェ)」をお勧めするぜよ。

舞台はラスベガス近郊の砂漠に建つ「バグダッド・カフェ」。モーテル、ガソリンスタンド、カフェを兼ねた埃っぽい店だ。そこにある日、アメリカ旅行中に旦那と別れてしまい路頭に迷ったドイツ人女性ジャスミンがひょっこり泊まりにやって来る。宿の女主人ブレンダはいつも苛立ちを募らせてまくりで、家族はおろか客にも当たり散らしているおっかない人。そこへ、あまりにも場違いなジャスミンがやって来てさらにストレスが溜まりまくるのであった。しかし、ジャスミンの存在は次第にブレンダの心を解きほぐして友情が芽生え、それに伴い「バグダッド・カフェ」自体も砂漠の中のオアシスのように変わり始める・・・

というような内容なんだけど、観ている方もエンディングを迎える頃にはすっかりジャスミンの魔法で心が「ほっこり」としてしまう。イライラやムシャクシャはどこかに消し飛んでしまうよ。

ジャスミンを演じているMarianne Sägebrecht (マリアンネ・ゼーゲブレヒトW)は、とても太っていてお世辞にも美人とは言えないのだけど凄く魅力的だ。映画の後半になるにしたがってとっても可愛く見えてしまうから不思議。

またBob Telson (ボブ・テルソン)作曲による挿入歌「Calling You (コーリング・ユー)」がこれまた素晴らしい。歌っているのはゴスペル・シンガーのJevetta Steele (ジュヴェッタ・スティール)。個性的なキャスト、秀逸なストーリー、最高の音楽!名作の条件が全て揃った超一級の映画だ。

ジュヴェッタ・スティールが歌う「Calling You (コーリング・ユー)」。この曲がヒットした後、色んなシンガーがカヴァーしているけど、ジュヴェッタ・スティールが一番いいっ!

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


クラシック・ギタリストの村治佳織さんがアルバム「カヴァティーナ」に収録しているBruce Stark (ブルース・スターク)&佐藤弘和・編による「Calling You」のギターソロのためのアレンジはなかなか良いですよ。

DVD完全版。何度観てもええなぁ。

バグダッド・カフェ 完全版 [DVD]

バグダッド・カフェ 完全版 [DVD]DVD

価格¥ 4,104

監督パーシー・アドロン

出演マリアンネ・ゼーゲブレヒト

発行紀伊國屋書店

カテゴリーDVD

Supported by amazon Product Advertising API


村治佳織さんのCD 「カヴァティーナ」。初版で30万枚以上売り上げたアルバムです。
(クラシックの世界ではあり得ない数字)

CAVATINA

CAVATINAミュージック

価格¥ 3,132

アーティスト村治佳織

クリエーター村治佳織, ブローウェル, ヨーク, ロジャース, テルソン, バリオス, サグレーラス, ラウロ, プホール, マイヤーズ

発行ビクターエンタテインメント

発売日1998/11/20

カテゴリーCD

Supported by amazon Product Advertising API

  1. バグダッド・カフェ・・まだ観ていない!
    気になっていたのに見逃してしまって、そのままでした。
    でもコーリング・ユーは好きでしたね。
    私がよく聴いていたのはカナダのジャズシンガー、ホリー・コール(トリオ)のカヴァーです。
    http://www.youtube.com/watch?v=BpuE_0MafLI&hl=ja

    ホリーらしい歌い方なんだけど、スタイリッシュでちょっとシニカルで、気だるそうな雰囲気を漂わせつつもパワフルで。
    私はホリーが好きだからこのコーリング・ユーも好きでした。
    Blue Noteで生で聴いた時は感動しました。

    Luziaさんお奨めのオリジナル・ヴァージョンはもっと暖かい感じがします。

    • Luzia
    • 2009年 8月 18日

    @Angelitaさん
    ホリー・コール。なかなかいいっすね。これは初めて聴きました。
    映画のサントラでは作曲者のボブ・テルソンの歌も聴けるのですが、この曲は絶対に女性が歌う方がよろし。

    ちなみにCalling Youはたまにギターソロ・アレンジを家で密かに弾いてにんまりしています。村治佳織さんのアルバム「カヴァティーナ」に収録されているジャズ&クラシック風なアレンジなんですが、なかなかいいんすよこれが。

    ↓でちょっとだけ試聴できまする。
    http://vmd.jvcmusic.co.jp/-/Product/VICC-60104.html

  1. トラックバックはまだありません。

*