小江戸川越散歩

先週放映が終了したNHKの連続テレビ小説「つばさ」の舞台にもなった小江戸川越に行ってきました。が、このドラマは一度も観ていない・・・。しかも今日、川越に行って初めて知ったのだった・・・。

実はこの場所を訪れるのは2度目なんだけど、最初は仕事でたまたま蔵作りの町並みがある国道39号を走って「おぉ、すんげぇいいじゃん。今度ゆっくり散歩しよう」と思い、ようやく今日訪れたって次第。

西武新宿線の下り終点・本川越で下車し、北上すること約1Km。蔵作りの町並みに到着。あぁ、ええなぁこの雰囲気。平日にもかかわらず観光客が多いのにはちょっと閉口。そして、39号線は片側一車線の狭い道なのでなかなかいい写真が撮れない・・・。この町のシンボルでもある「時の鐘」が素晴らしい!

蔵1 蔵2 蔵3 時の鐘

裏道に入ってみると「菓子屋横丁」やなんかいい感じにくたびれた映画館「スカラ座」があったりします。とってもレトロな雰囲気満載っす!

菓子屋横丁 スカラ座

ひとしきり蔵の町並みを堪能した後、小江戸川越七福神の大黒天にあたる「喜多院」にGo!五百羅漢やダルマ市で有名なお寺です。中は結構広々としておりとても雰囲気がいいです。「多宝塔」が美しいです。

喜多院 多宝塔

今回はあんまり時間が無くてごく一部しか歩けなかったけど、またゆっくり散歩しよう!

川越市

  1. 小江戸ね~。
    昔行ったことがあります。
    レトロな佇まいがかえって新鮮で楽しい。
    お菓子屋さんもたくさんありましたね。
    でもホント月曜日なのに人が多いのね~。

    • Luzia
    • 2009年 9月 28日

    @Angelitaさん
    いや、ほんとに人が多くてビックリしました。ドラマの影響もあるのかしら。外国人の方も多かったです。

    そういえば姉さん、今週からスペインだっけ?気をつけて行ってらっしゃいまし。

  1. トラックバックはまだありません。

*