前略、100円ショップにて

人間を長くやっていれば何かしらの間違いをしでかすものである。それは人間の性である。それは後々笑い話の種になったり、最悪の場合は犯罪に発展して塀の中で過ごすことになったりもする。幸いオイラは最悪の事態にまで発展したことはない。そのほとんどが結果的には「穴があったら入りたい」、「誠に汗顔の至りでございます」といった類のものばかりだ。

穴篭りにしても、滝汗状態にしても、そのやらかした間違いは別の言葉では「ドジ」と言う。そんなドジ話の中でも、今思い出しても穴篭り&滝汗カーニバルになってしまう出来事は某100円ショップで起こった。

2年ぐらい前の話である。A4サイズのカラーレバーファイルその他を買いに行こうと、会社近くの100円ショップに行った時のことだ。目的のブツを見つけ、ちょっと他の商品も見てみようと店内を徘徊。皆さんもよくご存知でしょうが、最近の100円ショップって本当に在庫の種類が豊富ですよね。中には「何でこれが100円なんだぁっ!原価は一体いくらなんだよっ!」ってくらい上物があったりする。

で、その時たまま“穴あき包丁”が目に入った。手にとって見るとこれがなかなかよく出来ているんですわ。えらく感動してしまったオイラはつい店員さんに、

「これいくらっすか?」

と訊いた・・・。訊いてしもた・・・。訊いてしまわれた・・・。

その店員さんの顔がみるみるうちに赤くなっていった。?マークがオイラの頭から噴出。

「えっ、オイラなんか変なこと言ったか?」

と思ったコンマ5秒後、今度顔が赤くなるのはオイラの方だった。何でよりにもよって100円ショップで値段を訊いてるんだよ<オレ・・・。

見回すと来店されていた数人の客人も皆一様に笑いをこらえているご様子。いや、押さえ切れぬ笑いを顔に張り付かせているのであった。それでも吹き出さなかった店員さん、お客人。皆様方の優しいお気遣い、思いやりの心に感謝いたします。だからこそ、

_| ̄|○ <こんなオイラを笑っておくれ

未だに恥ずかしくて店に行くことはおろか、店の前も歩けないオイラである。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*