アーカイブ : 2009年 11月 19日

実に眼福&耳福でござりました

楽器店に勤務していると、時として世界的な名器を間近で見れたり、触れたり、更には音まで聴けたりする幸運に遭遇することがある。

さて、時は桜の花もようやくその固い蕾をほんの少しだけ綻ばせた今年の早春。あの「Antonio Stradivari(アントニオ・ストラディバリW)」の名器中の名器「デュランティ」を目の当たりにし、更にはその音までじっくり堪能する機会を得ることが出来たオイラは果報者だ。
続きを読む