生きながら伝説になった舞姫

Carmen Amaya(カルメン・アマジャ、1913-1963)の名は、フラメンコがこの世から消滅しない限り永遠に語り継がれるでしょう。正にフラメンコ史上最高のBailaora[1]だ。亡くなって半世紀近くになりますが、未だ彼女を越える踊り手はいないと言っても決して過言ではないと思う。

4歳から踊り始め16歳の時にパリでデビューしたらしいです。バルセロナのスラムに生まれ、特に師に就いたわけでなく、日銭を稼ぐために街の通りで歌い、踊ることにより天分の才を開花させた正真正銘の天才です。

市民戦争の際、スペインを去り世界中を巡ってフラメンコの素晴らしさを世に知らしめた功労者でもあります。同時期にスペインを去ったフラメンコ・ギターの巨匠Sabicas(サビーカス)とのコンビはほとんど神懸りの素晴らしさ!

1947年頃には世界的な大スターになり、スペイン映画にも多数出演。その名声は1963年に亡くなるまで続いたそうです。

残された貴重な映像を観ると、彼女のバイレの素晴らしさはオイラのような踊りの門外漢ですら鳥肌が立ってしまう。Zapateado[2]なんか、男性でもこれだけの力強さと正確無比な打音を出せる人は現在でもいないんじゃなかろうか?どんなに激しくなっても決して軸がぶれない!

また彼女はCante[3]も素晴らしく、独特のしゃがれた声が凄く粋!その強烈な“カリスマ性”の前にはただただ圧倒されるばかりです。

50歳という若さで亡くなりましたが、一説には先天的に腎臓疾患があり、本来なら早世する可能性があったところを踊りによる大量の発汗で生を永らえたとも言われています。

いずれにして「舞姫」という言葉がこれほど似合う方はそうそういないよなぁ・・・。

カルメン・アマジャ&サビーカスによる「コロンビアーナス」。1945年の映像。言葉が出ないや・・・。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


最強の「ブレリア」。やっべぇ、凄すぎてマジで泣きそうっす・・・。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

  1. バイラオーラ、女性の踊り手 [戻る]
  2. サパテアード、靴音でリズムを打ち出す技巧 [戻る]
  3. カンテ、歌 [戻る]
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*