アーカイブ : 2009年 11月

笑いを堪えるのがこんなに辛いとは思わなかった・・・

やべぇ・・・。やべぇっす!7月26日の記事で「ヅラおじ様」のことを書いたけど(こちらを参照)、また新たなズラおじ様に今日!遭遇してしまった・・・。しかも、まるでコントのようなシチュエーションにオイラはおろか、その場に居合わせた人々は皆一様に笑いを堪えるのに必死だった。
続きを読む

実に眼福&耳福でござりました

楽器店に勤務していると、時として世界的な名器を間近で見れたり、触れたり、更には音まで聴けたりする幸運に遭遇することがある。

さて、時は桜の花もようやくその固い蕾をほんの少しだけ綻ばせた今年の早春。あの「Antonio Stradivari(アントニオ・ストラディバリW)」の名器中の名器「デュランティ」を目の当たりにし、更にはその音までじっくり堪能する機会を得ることが出来たオイラは果報者だ。
続きを読む

関口さんがやって来た

2年ぐらい前だったろうか。俳優の関口知宏Wさんが来店された。役者としてはもとより、近年はNHKのBShi・BS2で放映された「鉄道の旅シリーズ」でも著名ですね。そんな、関口さん。実は音楽にも造形が深く、また楽器収集家でもあります。そんなある日、ドイツで入手されたバロック・リュートをお持ちになられたのであった。
続きを読む

数奇な運命~奇跡の生還を果たしたピアニスト

ホロコーストを扱った映画というとSteven Spielberg(スティーヴン・スピルバーグW)監督の名作「Schindler’s List(邦題:シンドラーのリスト)」をまず思い出すのだけど、オイラ的には2002年に公開されたRoman Polanski(ロマン・ポランスキーW)監督による「The Pianists(邦題:戦場のピアニスト)の方がより深く心に刻まれた作品である。
続きを読む

不条理な情景

不条理とは何よりもまず高度の滑稽である。なんらかのものあるいは人とうまく調和しないことを意味する。不条理とは通常の予測を外れた行動または思想であり、不条理な推論とは非論理的な推論である。

Wikipediaより

続きを読む

慶応3年11月15日

西暦では1867年12月10日。この日、京都河原町の醤油商「近江屋」井口新助邸で坂本龍馬、中岡慎太郎、そして龍馬の身の回りの世話(護衛も兼ねた)をしていた元力士・山田藤吉が暗殺されました。龍馬33歳、慎太郎29歳、藤吉19歳。この日は龍馬の誕生日でもありました。
続きを読む

健康優良児!

いくらなんでも「児」ではないな・・・。「健康優良ジジイ」っす!今日は朝一で健康診断に行った。「身長」、「体重」、「視力」、「血圧」、「尿検査」、「血液検査」、「聴覚検査」、「心電図」、「問診」という極々簡単な診断。年齢的には本格的な人間ドッグをいい加減受けた方がいいんだけど・・・。
続きを読む

美しき放物線

なんかおバカな話が2日続いてしまった・・・。なので今日もおバカな話を書こう!これはサイト運営時代にも書いたことがあるのだけど、一部の方々に異様にウケたお話。でもオイラにとっては顔から火が出るくらい恥ずい話・・・。
続きを読む

九死に一生ハプニング~親知らず抜歯編

誰しも「あぁ、あん時は本当にヤバかった・・・」っていう“九死に一生ハプニング”の一つや二つをお持ちでござんしょう。オイラも物心ついた頃から現在に至るまで何回かあった。今回は一番最近、と言っても15年近く前のお話。ちょっと長くなりますがお許し下され。
続きを読む

B9:A1の男

オイラは絵に描いたようなB型野郎だ。すなわち「マイペース」、「行動の予測がつかない(端から見ると)」、「慣習(ルール)に拘らない」、「楽観的」、「脱家庭的」、「周囲の状況にとらわれない」、「一点集中型(マニアック)」などなど・・・。こういったB型の傾向は、B型以外の血液型の方から漏れなく「変人もしくは、訳わからん人」という称号を賜る。オイラも何度賜れまれたことか・・・。
続きを読む