九死に一生ハプニング~階段落ち編

3歳当時に住んでいた2階建てアパート(6世帯)の近くにスーパーマーケットがあり、オイラはいつも母親にくっついて買い物に同伴していました。アパートの部屋は2階の奥だったんですが、今では余り見られなくなった2階へ上がるための階段が左右両方にあるアパートでした。つまりどちらからも2階へ行けるわけです。ですが、道路側から見ると一番奥の部屋だったためこれが思わぬ落とし穴に・・・。

実は都合2回この階段から落ちました。1回目の時は特に大事に至らなかったのですが、2回目はちょっとヤバかった・・・らしいです。というのも、この時のことはオイラ全く記憶がないの。なのでこれは母親から聞いた話です。

ある日いつものようにスーパーに行ってアパートに戻った時のこと。階段を昇りきったところで何を思ったのか、オイラはいきなり走りだしそうです。ただ単に「わぁ~い、おうちに着いたぁ~~っ!」ってノリだったんだと思うのだけど、勢いがつき過ぎてそのまま玄関前をスルー。母親が「危ないっ!」と思った瞬間にまるでイリュージョンのようにすっ!と視界から消えたそうです。

階段を落ちる音がしなかったそうですから、どうやらダイレクトに地面に激突した模様。一体どんだけの勢いで飛んだんだオイラ・・・。で、頭から流血してピクリとも動かない状態に。母親はそれを見て完全に「逝った」と思ったらしいです。

が、息があるのを確認すると救急車は呼ばずに取りあえずオイラを抱きつつ走り(この時の記憶はかすかに残っています)、途中でタクシーをつかまえて救急病院へ。タクシーの中で覚醒したオイラは当然ながらビービー泣き喚いたとの事。

結果、軽い脳震盪と額を3針縫うだけの軽症でした。つーか、頑丈なガキだなおいっ!

この件があって「2階はヤバイ」と両親は思ったらしく、近所に新築されたアパートの1階に引っ越したとの事です。

オイラのIQが「神童」から「凡人」に格下げになったのは、この階段落ちがあったからに他ならない。
(そういう事にしておいておくんなまし・・・)

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*