耽美な音世界に浸る

ギターの練習をしていて、何となくやる気が起こらない時や表現に行き詰った時なんかに聴くと「ぬぉぉぉぉぉぉぉぉ~~~~らっ、気合いMAX!&やる気満々!」って状態にしてくれるギタリストがいる。その名をRalph Towner(ラルフ・タウナー)という。

彼はとっても不思議なギタリストだ。基本的にはジャズ・フュージョン系のギタリストだとは思うんだけど、バリバリのジャズ・フュージョンではないし、クラシック・ギターも弾くけどクラシックを弾くわけではない。[1]強引な言い方をすれば「ヒーリング系」になっちゃうのかな。

個人的にはOregon(オレゴン)よりもラルフ・タウナー名義のアルバムの方が好き。とにかく彼の「音世界=表現」は素晴らしいの一言に尽きる。インプロヴィゼーション(即興)の妙もオイラ的にはあのKeith Jarrett(キース・ジャレットW)に比肩するミュージシャンだと思っています。こんな風に自在にギターを操れたらなぁと聴くたびに思う。

特に好きなアルバムは、残念ながら廃盤になっちゃっているけど「Open Letter」というアルバム。この中に収録されているBill Evans(ビル・エヴァンスW)の名曲中の名曲「Waltz for Debby(ワルツ・フォー・デビー)」の完全ギターソロによる演奏はかなりヤバイ。「Solo Concert(ソロ・コンサート)」に収録されているMiles Davis(マイルス・デイヴィスW)のこれまた名作「Nardis(ナーディス)」の完全ギターソロ演奏もいいなぁ。

「Nardis(ナーディス)」のライヴ演奏。溜め息しか出んわ・・・。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

「ヒーリング系」と上述しましたが、この動画を観ると「耽美」の方がより彼には相応しいかもしれませんね。

【おまけ】
Oregon(オレゴン)のアルバム「Always, Never and Forever」に収録されている、「When the fire burns low(邦題:焔燃ゆる時)」というとっても美しい作品をS.アサドがギターソロ用にアレンジしたものを採譜したものです。興味のある方は自由にDLして下さい。
Ralph Towner~Arr. Sergio Assad / When the fire burns low (PDF)

  1. ウィーンの名教授であった故Karl Sheit(カール・シャイト)に師事した事もあるという。 [戻る]

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Luzia

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし

コメントをお待ちしております

*

2009年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【 Twitter 】

【 アーカイブ 】

  • [—]2020 (139)
  • [+]2019 (131)
  • [+]2018 (118)
  • [+]2017 (141)
  • [+]2016 (121)
  • [+]2015 (243)
  • [+]2014 (364)
  • [+]2013 (365)
  • [+]2012 (364)
  • [+]2011 (364)
  • [+]2010 (365)
  • [+]2009 (165)

【 ブログをメールで購読 】

メールアドレスを記入して登録ボタンをポチッと押すと、更新をメールで受信できよりまっす。

【 管理人の素性 】

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし