革命とギター

オイラは革命という言葉を見聞きすると「パブロフの犬」の如く瞬時にErnesto Rafael Guevara de la Serna(通称チェ・ゲバラW)の名前が浮かびます。余りにも有名な人物ですので、今更オイラが説明するまでもありませんね。今年、Steven Soderbergh(スティーブン・ソダーバーグW)監督、Benicio Del Toro(ベニチオ・デル・トロW)主演によるThe Argentine(邦題:チェ 28歳の革命)、Guerrilla(邦題:チェ 39歳 別れの手紙)が公開されたのは記憶に新しいところ。オイラも観たけど素晴らしかった!

で、タイトルの「革命とギター」。一見何の繋がりもないように見えますが、実はあるのです。しかも、ゲバラ絡みでね。

チェコの作曲家、Václav Kucera(ヴァーツラフ・クチェラ)の純然たるクラシック・ギターのための作品に、「Diario~Omaggio a Che Guevara(邦題:日記~チェ・ゲバラ讃歌)」という作品があるのです。滅多に演奏されない作品ですが、クラシック・ギターの巨匠Narciso Yepes(ナルシソ・イエペスW)の演奏、録音で古くから知られています。

全5曲からなる作品で、それぞれに「Day Of Love(愛の日)」~「Day Of Hate(憎悪の日)」~「Day Of Decision(決断の日)」~「Day Of Fight(戦いの日)」~「Day Of Death(死の日)」とタイトルが付けられています。とっても描写的、かつ、ドラマチックな作品です。

特に終曲の「Day Of Death(死の日)」は、全編に渡ってギターのボディ部分を軽く叩きながら演奏されます。これはゲバラの「心音」を表現しているもので、曲が進むにつれて徐々にその拍と音が弱まって、最終的に「心音」が停止することにより曲が終わるというものになっています。

現代作品ですけど難解なところは全然ありません。結構いい曲なんだけどなぁ。何でみんな弾かないのだろう?

YouTubeって凄いね。なんとイエペスのライブ演奏が観れるんだもの。どうぞご堪能下さい。

「Day Of Love(愛の日)」~「Day Of Hate(憎悪の日)」~「Day Of Decision(決断の日)」

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


「Day Of Fight(戦いの日)」~「Day Of Death(死の日)」

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


映画もお勧め!

チェ ダブルパック (「28歳の革命」&「39歳別れの手紙」) [DVD]

チェ ダブルパック (「28歳の革命」&「39歳別れの手紙」) [DVD]DVD

価格¥ 7,020

監督スティーブン・ソダーバーグ

出演ベニチオ・デル・トロ, デミアン・ビチル, カタリーナ・サンディノ・モレノ, ジュリア・オーモンド

発行NIKKATSU CORPORATION

発売日2011/10/17

カテゴリーDVD

Supported by amazon Product Advertising API

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*