ピュアラブ

常に「ラブラブ光線」をダダ漏らしにして日々を送っているオイラ。よって、脳内ディクショナリーから「純愛」という言葉が完全に削除されているようだ・・・。あぁ、哀しき哉。でも「純愛」というなんだか甘ったるい言葉を聞くと、世界の中心で愛を叫ぶよりもチャップリンの名作「City Lights(邦題:街の灯」を真っ先に思い出すだけの余裕はあるようだ。

1931年製作のこの映画。時代的にはサイレントからトーキーWに時代は変わっているんですが、チャップリンはあくまでもサイレント(音楽は付いています)にこだわってこの映画を作りました。まぁ、とっても有名な映画ですのでご覧になった方も多いでしょう。

放浪紳士チャーリーは、街で偶然目にした盲目の花売り娘に一目惚れ。ひょんなことから彼女はチャーリーを大富豪と勘違いしてしまう。ある日、チャーリーは自殺志願の大富豪を助ける。チャーリーに恩義を感じた大富豪は自分の家に彼を連れ帰るが、酔いが覚めると掌を返したように冷遇。一方、花売り娘は病気になってしまい家計が逼迫。そんな彼女を救うためにチャーリーは健気に働き始めるが、それでも十分な額を手渡せることが出来ない。花売り娘と彼女の祖母が暮らすアパートの家賃は滞り、遂に立ち退きを要求されてしまう。そんな折、チャーリーはまたまた酔っ払った大富豪と邂逅。大富豪はまたチャーリーを彼の家に招待する。チャーリーは思い切って彼にお金を無心。さすがは大富豪である。1,000ドルという大金をポンと差し出す。これだけの額があれば家賃はもとより、花売り娘は目の手術を受けて再び目が見えるようになるかもっ!が、酔いの覚めた大富豪は、チャーリーはおろか1,000ドルを渡したこともきれいさっぱり忘れている。そのうち警官が大富豪の家にやってくる。チャーリーはその1,000ドルを手に彼女の元へ。彼女にお金を渡すと待ち伏せていた警官に連行される。時は流れ、刑務所を出所したずたぼろ状態のチャーリーは行くあてもなく街を徘徊。道端に打ち捨てられた小さな花を拾い、ふと目が合った女性を見て固まる。そこには小さいながらも店舗を構え、目も見えるようになったあの愛しの花売り娘がいた。彼女はずたぼろになったチャーリーを見て笑う。そして、幾ばくかのお金を恵もうとチャーリーの手を取る。はっ!とする彼女。手のぬくもりと感触で、彼を恩人のチャーリーと瞬時に理解したのだった。

と、ガチであらすじを書いちまった。で、これを書きながらマジ泣きしていたりする・・・。あぁ、恥ずかしき哉。

この映画。男子の9割以上は泣けると思う。が、「これマジで泣けるぜっ!」と女子に推薦したことが何度もあるんだけど、「確かにいい映画だけど、泣きはしなかったな」とこれもまた9割以上の確率で返される。男子と女子では全く映画の印象が異なるらしい。まぁ、いいや。

特にラストシーンにおけるチャップリンの演技が素晴らし過ぎる。泣き顔&ハニカミ&照れくささといった感情を完璧に表現しているのさ。そして合間に挟まれるあの「映画史上最も悲しい字幕」。

  • 花売り娘:“You ?(あなたなの?)”
  • チャーリー:“You can see now ?(見えるんだね?)”
  • 花売り娘:“Yes, I can see now(ええ、見えるのよ)”

うわぁ~~~ん。す、す、すびばせん・・・。もう滂沱の涙っす、オイラ …(ノд・。)

何十回とこの映画を観たけど、何度観てもこのラストシーンは残酷だ。チャーリーのずたぼろ振りも泣けるんだけど、もし彼女がチャーリーを無視していたら一生この男のことはただの「浮浪者」としか認識出来なかったわけで・・・。チャーリーだけが真実を知っていたわけで・・・。

オイラが考える純愛とはすなわち「無償の愛」!これに尽きるわ。頑張ろう・・・。

「映画史上最も悲しい字幕」として知られる「街の灯」のラストシーン。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


たぶん廉価のDVDも発売されていたはずです。

街の灯 コレクターズ・エディション [DVD]

街の灯 コレクターズ・エディション [DVD]DVD

価格¥ 5,076

出演チャールズ・チャップリン, ヴァージニア・チェリル, フローレンス・リー

発行朝日新聞社

カテゴリーDVD

Supported by amazon Product Advertising API

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*