全人類的お宝必聴盤~Part 5 “ジミ・ヘンドリックス/エレクトリック・レディランド”

学生時代のある時期「エレキが弾きたくてたまんねぇよ!」モードに突入し、半年くらいエレキ・ギターを弾きまくっていたことがあります。当然ピックを使って弾いていたので、半年後には見事までに右指が動かなくなってしまった・・・。で、それ以来エレキは封印。オイラを魅惑のエレキ世界へと誘ったギタリストはJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックスW)だった。オイラ如きがジミヘンを語るなど100年早いので、アルバムだけ紹介しようっ!

“ELECTRIC LADYLAND
(邦題:エレクトリック・レディランド)~1968年”

エレクトリック・レディランド

  1. …And the Gods Made Love(ザ・ゴッズ・メイド・ラヴ)
  2. Have You Ever Been (To Electric Ladyland)(エレクトリック・レディランド)
  3. Crosstown Traffic(クロスタウン・トラフィック)
  4. Voodoo Chile(ヴードゥー・チャイル)
  5. Little Miss Strange(リトル・ミス・ストレンジ)
  6. Long Hot Summer Night(ロング・ホット・サマー・ナイト)
  7. Come On (Let the Good Times Roll(カム・オン<レット・ザ・グッド・タイムス・ロール>)
  8. Gypsy Eyes(ジプシー・アイズ)
  9. Burning of the Midnight Lamp(ミッドナイト・ランプ)
  10. Rainy Day, Dream Away(レイニー・デイ、ドリーム・アウェイ)
  11. 1983… (A Merman I Should Turn to Be)(1983)
  12. Moon, Turn the Tides…Gently Gently Away(ムーン、ターン・ザ・タイズ)
  13. Still Raining, Still Dreaming(スティル・レイニング、スティル・ドリーミング)
  14. House Burning Down(ハウス・バーニング・ダウン)
  15. All Along the Watchtower(オール・アロング・ザ・ウォッチタワー)
  16. Voodoo Child (Slight Return)(ヴードゥー・チャイルド<スライト・リターン>)

ジミヘンが亡くなる2年前にリリースされた「エクスペリエンス名義」第3作目のアルバムであり、最後のスタジオ録音アルバムであり、最高傑作であり、したがって全人類的お宝必聴盤である。

このアルバムに収められた楽曲全てが信じられないくらいクォリティが高く、とても40年以上前の作品とは思えん・・・。どこをとっても非の打ち所が無いのである。ある意味ロック・ミュージックはこのアルバムで到達点に達してしまったかのようである。

今でも折りに触れてこのアルバムを聴くんだけど、未だにジミヘンを越えるロック・ギタリストはおらぬなとしみじみ思う今日この頃でありんす。

わずか28歳で逝ってしまったジミヘンですが、彼が音楽史上に刻んだ偉大な足跡は、現在でもギタリストのみならず、多くのミュージシャンに影響を与え続けています。

1970年、バークレーでのライヴ。曲は「ヴードゥー・チャイルド」!はぁぁぁぁぁ~、メッチャかっこええなぁっ!

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


【追記】
そういえば以前にもジミヘンのことを書いておった・・・。興味のある方はこちらをご覧下され。

サイケデリックここに極まれリっ!

エレクトリック・レディランド / ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス / CD ( Music )

USMジャパン( 2006-06-21 )

定価:¥ 2,037 ( 中古価格 ¥ 300 より )


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*