スウィング!スウィング!スウィング!

昨日、ピアニストの辻井伸行さんのことを書きましたが、世の中には身体的障害を持ちながらも素晴らしい演奏をする演奏家はたくさんいらっしゃいます。オイラが心の底から尊敬する津軽三味線奏者の高橋竹山W、打楽器奏者のEvelyn Glennie(エヴリン・グレニー)もしかり。ギタリストに思いを馳せた時、真っ先に頭に浮かぶのはDjango Reinhardt(ジャンゴ・ラインハルトW)です。没後57年を経た現在でも、様々なジャンルのギタリストからリスペクトされている偉大なギタリストであります。

ジャンゴと言えば「マヌーシュ・スウィング(ジプシー・スウィング)」の創始者として余りにも有名です。若い頃からギタリストとして活躍していた彼ですが、18歳の時にキャラバンの火事に遭遇し左指に大火傷を負ってしまいました。

ギターをやっていらっしゃる方ならこのハンデが、いかにギターを弾くために多大なる困難を与えるものか想像に難くないでしょう。俗にギターの世界では「右手は技術者、左手は芸術家」と言われます。「歌わせる」、「ニュアンスを与える」、「音に奥行きを出す」といった「音楽表現」において左手は右手以上に重要な役割を担う、ギタリストにとっては命の次に大切なものなのです。オイラの神、パコ・デ・ルシアはインタビューで「左指はもう一本欲しい」と言っているくらいです。

この時負った火傷によりジャンゴの左小指と薬指は癒着してしまい全く機能しなくなってしまいました。普通ならこの時点でギタリストとしての道を閉ざすのでしょうが、彼は諦めなかった。このハンデを乗り越えるべく、彼独自の奏法を編み出し見事に復活。その後、夥しいコンサート、録音を残しています。

音だけを聴くと左指にハンデがあるとは全く思えません。むしろ、健常なギタリストでも演奏が困難なパッセージを楽々こなすジャンゴに畏怖するばかりです。

彼の演奏スタイルは現在でも多くの信奉者が継承しています。

ハンデを負いながらも一つのジャンルを創始し、素晴らしい楽曲と演奏を残したジャンゴ。まさに「神」の如き希有なギタリストです。

ジャンゴの名作「Nuages(ヌアージュ)。お酒を呑みながら聴きたいですね。(音源のみ)

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


ジャンゴと言えばこれっ!「Minor Swing(マイナー・スウィング)」。めっちゃ格好いい!(音源のみ)

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


ジャンゴの実際の演奏を見ることが出来る貴重な映像!信じられない・・・。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


ジャンゴの音楽に初めて触れてみようという方にお勧め!

ジャンゴロジー~スペシャル・エディション / ジャンゴ・ラインハルト / CD ( Music )

BMG JAPAN( 2003-03-26 )

定価:¥ 1,944 ( 中古価格 ¥ 336 より )


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*