朝から号泣する男

昨日に引き続き「男」シリーズ!起床後、何気なくテレビのリモコンをザッピング。NHK教育テレビ「ピアニストの贈り物~辻井伸行・コンクール20日間の記録~」を観る。もちろん辻井伸行さんがThe Van Cliburn International Piano Competition(ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールW)で日本人初の優勝者になったニュースは知っていた。図らずも今回このドキュメンタリーを観て改めて彼の素晴らしさに触れることが出来た。優勝が決定した瞬間の映像では大号泣・・・。

はぁ~、何だか年々涙もろくなってきちまった。それにしても、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールの過酷さは半端じゃないですね。20日間に渡って行われるこのコンクールではソロはもちろんのこと、室内楽、ファイナルに進んだ者はコンチェルト、またその間にリサイタルも行わなければならない・・・。とにかくこなす曲がもの凄く多い非常にシビアなコンクールである。故にコンクールの間、ピアニストは常時緊張感を強いられることになる。これは強靱な精神力を必要とすることだろう。

日本では全盲である彼が優勝したことを強調し過ぎている感が否めません。でも、そんなこと関係ないんだよね。そんな「センチメンタルな感情」だけではこのコンクールを制することは出来ない。世の中そんなに甘くは無いのだ。

彼が優勝したのは単純に「素晴らしい演奏」を聴かせたからなんですよ。だだそれだけ。確かに彼は目が見えないというハンディを背負っている。曲を憶えることも健常者よりも遙かに労苦を強いられるだろうし、室内楽やコンチェルトではコンサート・マスターもしくは指揮者との意志の疎通にも大変な時間がかかってしまうだろう。しかし彼には健常者には無い何かがある。

彼の凄さは音に対する「鋭さ」だ。それは目が見えないということにより自然に体得したものかもしれないけれど、それを具現化することは天賦の才があったればこそである。

20歳という若さで類を見ないほど難関なコンクールを制した辻井さん。彼自身も語っていたけど、ようやくスタートラインに立ったところである。年齢を重ねて、更に深い音楽を聴かせてくれることを楽しみにして今後も見守って行きたいな。

ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールでフランツ・リストの「パガニーニによる大練習曲第3番(通称:ラ・カンパネッラ)」を演奏する辻井さん。ブラボー!

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

【ぼやき】
クラシック・ギター業界に身を置いている人間ではありますが、ギターの世界のレベルって・・・。日本に限って言えば、コンクールで室内楽、コンチェルトを課題にしているものは皆無である。全てソロ演奏だけで優劣を決めている。ハッキリ言おう。ソロ演奏だけでは、その演奏者の資質を判断することは不可能である。

確かに室内楽やコンチェルトも審査対象にすると莫大なお金がかかる。それだけの出資を出来るコンクールが存在しないのは政治の問題もあるわけだけど、先進諸国で芸術分野に対してこんな体たらくな姿勢を貫いているのは日本だけだろう。悲しい現実です。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*