九死に一生ハプニング~満1歳編

1週間前の元旦。久し振りに実家へ赴いた。つっても、徒歩25分くらいのところなんだけどね・・・。なんだか昔話に花が咲いてしまい、やおら母親が古いアルバムを持ってきてあれこれと説明を始めた。で、オイラが1歳の時の写真を見ながら「この冬、あなたは大変なことに見舞われたのよ」と、オイラも初めて知る「九死に一生エピソード」を語り出した。

その前に、父親のことをちょっと書かねばなるまい。わが父は若い頃はかなり「やんちゃ」(この頃の父の写真を見るといわゆる「慎太郎刈り」にスカーフを巻いているというモロに「太陽族」である。若い頃の長淵 剛に似ている)だったようであります。農家でしかも長男であるところから、周囲からは「おまえは将来この家を継ぐのだ」と言われ続け、それに反発した結果、中学卒業と同時に家出同然で上京。

西新宿の淀橋浄水場(現在の都庁のあたり)近くのアパートに住んでいたそうである。バーテン見習いをしながら何とか食い繋ぐも、この頃は本当に極貧で「パンの耳」が主食であったそうな。でも、その勤務していたバーは水商売のお姉さんたちが仕事明けによく立ち寄るお店だったらしく、まだ初々しい雰囲気を醸し出していた父はそんなお姉さんたちに可愛がられて、ご飯を奢ってもらったらり、お小遣いを貰ったらりしていたらしい・・・。

その後、友人に誘われて運送の仕事を始めて収入も安定した頃に若き母と出逢って一目惚れ。猪突猛進的アプローチにより結婚。母曰くほとんど「略(ピー)婚」のようだったそうです。(自主規制)

で、2年後にオイラがご生誕と相成りました。初めての子供ということもあって父のテンションはMAX!仕事が休みの時はあちこちオイラを連れ回していたそうです。

そしてオイラが満1歳になった冬。茨城の実家へ行くことになった。(この頃はもう普通に帰っていたとのこと)

が、ちょっと風邪っぴきな状態だったオイラを心配した母はさすがに今回は止めとこうと言ったのだけど、B型特有の頑固モードに突入してた父は「いや、行くぜっ!」と相変わらずテンションMAX状態。結局茨城の実家を訪れ、その後父の友人宅を何軒か挨拶に回って帰京。

その結果、オイラは高熱を発し、見るからに重篤な状態に陥ってしまった。テンパッた両親は速攻で救急車を呼び病院へ。

まだ、抵抗力のあまり無い赤ん坊である。なんと「肺炎」になってしまっていた・・・。医者に事情を聞かれた父はカクカクシカジカと事の経緯を話すと、こっ酷く叱責されたそうである。まぁ、当然といえば当然でしょうね。

幸い初期症状だったので事無きを得ましたが、さすがに父は責任を感じて意気消沈。

その後オイラは幼稚園を卒園する頃まで特に気管支が弱く、ちょっとしたことですぐ風邪に罹患してしまうくらい虚弱体質になってしまいました。母が言うには1年のうち300日以上病院に通っていたとのことである。オイラはあんまり記憶に無いんだけどね。でも、小学校入学の頃からメキメキと健康になり、現在まで特に大病を患うことなく(頭は確実に悪くなりましたが・・・)至っております。

だけどオイラは父親を責める事は出来ぬ。何故ならオイラだって連れまわしたくなるよ・・・こんな写真を見せられたら。

ベイビーLuziaさん

もうね、「自分萌」ですよ。「セルフ萌」ですよっ!

にしても、オイラはこの可愛さを一体どこに捨ててしまったのだろうか?もし拾われた方がいらっしゃいましたら是非ご一報を!もちろん謝礼をいたしますゆえ。

    • M
    • 2010年 1月 8日

    Luziaさま

    What a cute baby!!!!!
    Luziaさまって女の子でしたのぉ~?

    • Luzia
    • 2010年 1月 8日

    @Mさん
    うん、現在の姿は世を忍ぶ借りのものにすぎませんのよ。
    本当はお嬢様なのぉ。

    こ、今年も宜しくお願いしまっす・・・。

    • M
    • 2010年 1月 8日

    こ、こちらこそよろしくお願いしまっす。
    やっぱりお嬢様だったんですね。箱入りの。
    私と一緒だったんですねっ!同じにおいがしますもの。(おーほほっ)

  1. あらま~。カワイイ!
    でも面影はありますね~。そりゃ同じ人だもんね(笑)!
    ねーさんも子どもの頃はかわいかったんだけどなぁ。
    2回も誘拐されそうになったんだし・・・。
    子どもって目が綺麗だよね~

    • Luzia
    • 2010年 1月 10日

    @Angelitaさん
    >子どもって目が綺麗だよね~
    白目が青みがかっていてね。

    おいらの目は最近、死んだ魚のようにどんよりと澱んでます・・・。

  1. トラックバックはまだありません。

*