渋い選曲

バンクーバー冬季五輪。本日行われたフィギュアスケート女子フリーにおいて、歴代女子世界最高得点で金メダル獲得した金 姸兒(キム・ヨナ)さん!素晴らしい!銀メダル獲得の我らが浅田真央さん!素晴らしい!5位入賞を果たした安藤美姫さん!、8位入賞を果たした鈴木明子さん!お二人も素晴らしい!つーか、出場者全員素晴らしい演技をありがとう!

書き始めてからなんなんですけど、オイラはあんまりフィギュアスケートのこと知らんのでっす。ごみんなさい。でも、華があって観ていて楽しいですね。

真央ちゃんは惜しかったけど、オリンピック初出場で銀って凄いことですよ。誇って下さい。キム・ヨナさんは心技体全てがパーフェクトだったと思う。オイラのようにスケートに詳しくない人間が観ても身の内が震えるほどの感動を与えて頂きました。カムサハムニダっ!

で、フィギュアスケートに欠かせないのが音楽ですよね。クラシックに限ると、誰もが知っている有名作品を使用している方が多いようですけど、中には結構渋い選曲もありますね。

例えば今回の真央ちゃん。ショートプログラムでAram Khachaturian(アラム・ハチャトゥリアンW)の「Маскарад(仮面舞踏会)」、フリーでSergei Rachmaninov(セルゲイ・ラフマニノフW)の「Cinq Morceaux de Fantaisie(5つの幻想的小品集)」から第2曲目「前奏曲 嬰ハ短調」(通称:鐘)という超マニアックな選曲。

選曲ってやっぱり本人を交えてするんだと思うけど、やっぱり相当な数の音源を聴くのだろうか?その中から自分の演技が映える曲を最終的に選ぶんだろうけど、いずれにしても大変な作業ですね。で、今度はその曲に合わせた長く地味な練習に入るわけでしょ。表舞台の華やかさは、裏舞台での地味な作業と想像を絶する過酷な修練により生まれるのでしょうね。

オイラは個人的にこういうマニアックな選曲は大賛成!中には初めて聴く曲もあったりして思わずニヤリとしてしまう。

あっ、今日のフリーでフィンランド代表のLaura Lepistö(ラウラ・レピスト)さんがAstor Piazzolla(アストル・ピアソラW)の「Adios Nonino(アディオス・ノニーノ)」を使用していましたね。いいよねぇ、タンゴ!いいよねぇ、ピアソラ!

おっと忘れちゃいけねぇ。スイスのStéphane Lambiel(ステファン・ランビエール)は以前、Vicente Amigo(ビセンテ・アミーゴ)の「Poeta(ポエタ)」を使用していたではないかっ!

いやはや、皆さん本当に渋い選曲をなさる。脱帽です。

ラフマニノフの「鐘」で演技する真央ちゃん。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


ビセンテ・アミーゴのポエタで演技するステファンさん。カッコいいね!(ねっ、CARMEN姐)
Dreams on Ice, stephane lambiel Flamenko (Poeta)

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

  1. ステファンのポエタを忘れないでいてくれてありがとう!(笑)

    Luziaさんもフィギュア観ていたのね~。
    ここ数日は日頃ファンでない人たちも真央VSヨナの対決に注目していて凄かったですね。
    残念ながら今の段階ではヨナの方がバランスよく実力があると思いますね~。
    でも真央ちゃんの持っている力はまだ未知数です。
    これからどんな風に変貌をとげていくのか楽しみです。

    真央ちゃんのフリーの曲、ラフマニノフの鐘はどうもコーチのタラソワ女史のオリンピック金メダルへの執念の曲という感じですね。
    もちろん最終的には真央ちゃんは自らの意思で曲を変えずに「この曲が好きだ」と言っていましたが、この曲は以前タラソワの生徒だったサーシャ・コーエンとミシェル・クワンが滑ることができなかった因縁の曲らしいです。
    SPの仮面舞踏会しかり、どうもロシア・タラソワ色が濃い選曲ですね。

    通常選手が「これがいい!」というのは少ないらしく、コーチや振付の人が曲を選んでいるみたいですね。
    ステファンにもサロメさんという振付の方がいるんだけど、この「ポエタ」はご存知のようにフラメンコの振付家の手によるもの。
    ステファンのように自分のインスピレーションで曲を選べる人は少ないのです。
    (昔こんな記事書きました。最近アクセス数がすごいんですよ。
    オリンピックの影響ですね~。)
    http://blog.goo.ne.jp/angelita-4/e/474156aa1bb86ec462d60662f22d1bb5

    ああ、いかん!フィギュアの話になると長くなってしまいます。ゴメンネ!

    • Luzia
    • 2010年 2月 27日

    @Angelitaさん (CARMEN)
    まともにフィギュアスケートを観たのは今回が初めてかもしれません・・・。
    昨日はお昼休み中にリアルタイムで観ました。

    真央ちゃんはこのままいけば必ず金を獲れるでしょう。そう信じています。

    >通常選手が「これがいい!」~
    わぁ~お、やっぱり曲の選択って色んなドラマがあるんですね。
    パコの曲で誰かやってくれんかなぁ。

    【追記】
    ちょっと調べてみたら、スペインのハビエル・フェルナンデスっていう方がパコの「Entre Dos Aguas(二筋の川)」を使用していました。グッジョブ!

  1. トラックバックはまだありません。

*