適材適所

スタジオジブリ作品は「千と千尋の神隠し」以降、全く観ていない。昨日、帰宅後何気なくテレビをつけたら「崖の上のポニョ」が放映されていた。「ほほう~、これはこれは」と呟きつつしばらくの間観たのだけど、結局最後まで観なかった。いや、観る事が出来なかったと言った方が正しいのか・・・。ファンの方には申し訳ないけど、つまらんかった・・・。(あくまでも私見なのでお許し下さい)また、それ以上に腹立たしいこともあったのだが・・・。

最近はアニメーションのアフレコに限らず、洋画の日本語吹き替え版のアフレコにおいて声優ではなく、テレビ・映画で活躍する俳優やタレントが起用されることが多いようですけでど、大概の場合ガッカリすることになるのは気のせいなのかしら?

「演じる」と言うことに関しては声優も俳優も同じなんでしょうけど、なぜかメインがテレビ・映画の俳優の方がアフレコをすると、普段は素晴らしい演技をされているのにもかかわらず、台詞回しが素人並みの「棒読み」になってしまったり、「平坦な表現」になってしまうパターンが多い。もちろん、とても上手い方もいらっしゃいますけどね。

ジブリ作品に限って言えば、「もののけ姫」でジコ坊を演じた小林薫Wさん、「千と千尋の神隠し」で湯婆婆を演じた夏木マリWさんは本当に素晴らしかった!

思うに声優の方々は「声」という音色のパレットを数多く有し、それを微妙に変化させたり、または大胆に変化させることによってキャラクターの個性、性格、年齢、性別までも微に入り細を穿つ表現をするのではなかろうか?

したがって、アフレコという演技行為は、そのような「声の技術」を「演技」とともに日々訓練し、習得することによって初めて出来るものなのではないかと思う。

もし、「話題性=集客力」という単純な商業主義だけで俳優・タレントを声優として起用しているのだとしたらナンセンスであるし、声優をメインの仕事にしている方たちの職場を奪う非礼な行為である。

と、思うのだけど言い過ぎだろうか?何にでも「適材適所」があるものだ。

な、なんかいつになくマジメなことを書いてしまった・・・。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*