初恋の人

「初恋」という甘酸っぱい感情を抱いたのはいつだったか?と、記憶を辿ってみたらなんと6歳の時であった。しかも、自分よりずっとずっと年上の方。恋愛が何たるかなど当然知らぬ“ケツの青い”ガキンチョのはずなのに、そのご尊顔を初めて拝見した時に「なんて綺麗な女(ひと)なんだろう」と胸がときめいた。未だにその印象は鮮烈である。そのお方こそ、

Audrey Hepburn(オードリー・ヘプバーンW)その人である。

オードリー萌

多分、テレビで放映された「ローマの休日」を観たのだと思う。なんだかずっとヘプバーンの顔ばかりを見ていたような気がする。まぁ、恋愛感情というよりは、「オイラの周りにはいない顔=この世のものとは思えない綺麗なお姉さん」っていう感じでビックリしたんだと思うのだけど・・・。

映画に一番熱中した中学生の頃も「憧れの存在」だった。当然、ヘプバーンの映画もほとんど観ている。

実はヘプバーンの映画で一番好きな映画は「ローマの休日」、「ティファニーで朝食を」ではなく(もちろん両作品とも素晴らしい映画です)、「シャレード」だったりする。

サスペンスものなんだけど、コメディ&ロマンスの要素もあって楽しい!Givenchy (ジバンシィW)を纏ったヘプバーンがこれまた超絶的に綺麗なんだっ。

1989年に引退した後は、国際連合児童基金(ユニセフ)のユニセフ親善大使に就任したのは皆さんご存知のとおり。ドキュメンタリー番組でソマリアやスーダンを訪れた際のヘプバーンを観た時は、さすがにお年を召されたなと思ったけど、やっぱり彼女は「妖精」のような人だった。

1993年に癌でお亡くなりになってもう17年か・・・。驚くべきは、現代の10代&20代の若い女性方々にとっても、未だに絶大な人気と憧れを受け続けていることだ。

ガキンチョだったオイラが胸ときめかせてしまったのも道理なのである。

シャレード [DVD] FRT-095

シャレード [DVD] FRT-095 [DVD]

価格¥ 433

監督スタンリー・ドーネン

出演者ジョージ・ケネディ/ジェームズ・コバーン/オードリー・ヘップバーン/ウォルター・マッソー/ケイリー・グラント

出版社ファーストトレーディング

出版日2011/10/17

商品カテゴリーDVD

Supported by amazon Product Advertising API

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*