もう一人の偉大なパコ

フラメンコ・ギタリストでパコと言えば、ほとんどの方がPaco de Lucia(パコ・デ・ルシア)を連想すると思いますが、もう一人忘れてはいけない偉大なパコがいます。それはPaco Peña(パコ・ペーニャ)です。1942年生まれですのでパコ・デ・ルシアよりも5歳年上。出身はコルドバ。オイラが尊敬するフラメンコ・ギタリストの一人です。

彼は1983年にコルドバで開催された第10回フラメンコ・コンクールにおいてラモン・モントージャ賞[1]を受賞している凄腕のギタリストです。

彼が他のフラメンコ・ギタリストと一線を画しているのは、海外でのフラメンコ普及に大きな貢献を果たしたところです。かなり早い時期からロンドンに居を移して活動し、それが縁となりクラシック・ギターの大巨匠であるJohn Williams(ジョン・ウィリアムス)やJulian Bream(ジュリアン・ブリームW)とも親交を持ち、特にジョン・ウィリアムスとは家が隣どうしということもあって大変親密な関係です。

ちょっと話が逸れますが、以前発売されていたジョン・ウィリアムスのドキュメンタリービデオに、ジョンがパコにアルベニスの「セビーリャ」という作品のリズムについて指南を受けているシーンがあります。

この曲はフラメンコの「セビジャーナス」というリズムで書かれているのですが、純然たるクラシック作品(原曲はピアノ)であり、従来この曲を演奏するクラシック・ギタリストのほとんどが、セビジャーナスのリズムを理解しないまま演奏していることに気付いたジョンが、自身もこのリズムをしっかり理解するために、これまで何百回とコンサートで弾いたであろうこの曲を改めて見直し、パコにセビジャーナスのリズムを刻んでもらって練習しているのです。

これを観た時「ジョンは偉いなぁ」と思ったのですが、パコが実に嬉しそうにジョンをサポートしていてちょっと胸が熱くなりました。

さてさて、パコの素晴らしいところは演奏面においても顕著です。どちらかというと伝統的なスタイルで演奏することが多いのですが、アルバムによってはモダンなハーモニーを用いたりもしています。つまり、古いものも新しいものも完璧に弾き分ける器用さを持ち合わせ、またどんなリズム形式でも一種の「規範」と言えるような明快さを持っているため、オイラの様なアマチュア・ギタリストにとってはリズムを勉強するのに最高のお手本になるのです。そしてそれが匂い立つような香りがあってまさにムイ・フラメンコ!なのです。[2]

そして、彼を語る上で最も重要な点は、1980年から始まって今年30周年を迎える「Festival De La Guitarra De Cordoba(コルドバ・ギターフェスティバル)」の運営者だということです。このフェスティバルはフラメンコだけではなく、クラシックやジャズの大物も多数出演する大変大きなフェスティバル[3]です。これほど大掛かりなイベントを30年も続けられたのはやはり彼の人徳なのでしょうね。

オイラの記憶が正しければ彼は一度も来日していないはず。(間違っていたらごみんなさい)

一度は生で聴いてみたいです。仕事サボってコルドバまで行くか?

「ファンダンゴス・デ・ウエルバ」を演奏するパコ・ペーニャ。素晴らしい!

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


1975年、ジョンとパコのデュオによるDmの「ファルーカ」。恐らくTV放映された映像かと思われますがとっても貴重!

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

  1. 1971年はVictor Monge Serranito(ビクトル・モンヘ・セラニート)、1989年にはVicente Amigo(ビセンテ・アミーゴ)も受賞している。 [戻る]
  2. オランダのロッテルダム音楽学校にフラメンコ・ギター科を設けたのが他ならぬパコです。なるほど、こういったアカデミックなことを実行できるギタリストであれば最高のお手本になるはずです。 [戻る]
  3. 今年、クラシック・ギタリストはLeo Brouwer(レオ・ブローウェルW)、Pepe Romero(ペペ・ロメロ)、David Russell(デイヴィッド・ラッセル)Manuel Barrueco(マヌエル・バルエコ)、Assad Duo(アサド・デュオ)等、フラメンコはパコ・ペーニャはもちろんのことパコ・デ・ルシアも出演!という超豪華なラインナップ。聴きてぇ・・・。 [戻る]
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*