演奏中に・・・。

10年以上前、同僚のI氏と彼の故郷である岐阜県下呂の有名な旅館「水明館」でライブをやりました。I氏のピアノソロ、オイラのフラメンコ・ギターソロ、そしてピアノとフラメンコ・ギターとのデュオでプログラミング。本番2日前から泊まらせてもらったんだけど、飯はめっちゃ旨いし、温泉には入り放題だし、しかもタダ!だし最高でしたっ!でも、思わぬアクシデントに遭遇・・・。

演奏会場はホールのようなものでは当然なくて、いわゆる「宴会場」です。有名旅館の宴会場ですのでとっても豪華な作りなんですが、床は絨毯張り。楽器をやっていらっしゃる方ならお分かりかと思いますが、床が絨毯張りだと音がモロに吸収されてしまってデッドな響きになってしまいます。ただでさえ音の小さいギターなんかひとたまりもありません。

そもそも、ピアノとギターのデュオという組み合わせ自体、特に音量面においてかなり無理があります。なので当日はPAを使うことにしたんだけど、モニターを置いたにも関らず自分の音が聴こえない・・・。聴こえないとどうなるか?

「大きな音を出したい → 力む」

ということになります。そしたらなんと、右指の人差し指の爪が剥離してしまった。しかも本番中に・・・。

ほんの僅かだったんだけどもう痛ぇったらありゃしねぇ。そんな素振りなど見せず、激痛に耐えながら弾き続けたら出血。冷や汗も激噴出。たぶんお客さんは気付かなかったと思うけど・・・。

演奏直前に鼻血を出した(詳しくはここ)ことはあるけど、演奏中に出血したのは後にも先にもこの時だけ。贅沢をしたバチが当たったのだろうね・・・きっと。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*