不条理な情景 特別編~殿堂入りバージョン

今回のお話はかなり「・・・???」な内容なのでお蔵入りにしようと思ったのだけど、恐らくオイラ自身こんな体験を今後することはかなりの確率で無い(そう願いたい・・・)と思われ、冷静に振り返ってみるとやっぱりかなり面白い(?)出来事なので書いてしまおう!ただし、大変尾籠なお話なのでこれから食事をされる方、もしくは今現在食事をしながらご覧になられている方は後でお読みになられることを強く希望。

その日、オイラは休日だった。友人から電話があり「今夜呑まない?」とお誘いを受けて新宿で呑む事になった。友人は仕事なので、待ち合わせは夕方の6時半に。オイラはその日、他に用事は無かったのでちょっと早めに家を出て新宿に。そして映画を1本観てから待ち合わせ場所へ向かった。

ちょうど伊勢丹の裏道を歩いていた時である。この場所は裏道とは言ってもかなり人通りの多い場所である。するとその道のど真ん中に、かなり年季の入ったホームレスのおじさんが空を見上げつつ佇んでいた。道行く人達はオイラを含め何かあるのかと上を見ながら歩いていた。でも、特に何もない。オイラはそのまま歩き続け、おじさんまであと10メートルくらいの距離まで近づいた時だった。そのおじさんはおもむろにズボンを下ろした。そして、

「脱糞」

し始めた・・・。

オイラはそのあまりにショッキングな情景に頭がクラクラし始め、マジで一瞬その場の空間がグンニャリ歪んで見えた。

「こ、これは大変なことになるぞ・・・」

と思ったんだけど、道行く人達もきっとオイラと同じ心境だったのだろう。悲鳴などは全く上がることなく、みんな見て見ぬ振りで通り過ぎて行った。

友人に待ち合わせ場所で会うと開口一番にこの話をしたんだけど、「んなことあるわけないじゃん。○ちゃん、幻覚でも見たんじゃないの?」と一蹴・・・。

「本当なんだよっ、マジなんだよっ!」とキレてもしょうがないので、この出来事を一刻でも早く忘れようとしこたま呑んだことは言うまでもない。

で、お開きになり新宿駅で友人と別れ、オイラは総武線に乗るべく13番線ホームに向かった。オイラはいつも最後尾に乗るので大久保駅側の階段を上り、階段脇の通路に入ろうとした。だが、まさかこんな場所で再び不条理な情景に出くわすとは夢にも思わなかった。

この場所をご存じ無い方に説明すると、この通路は人とすれ違う時にはどちらか一方が身体を避けないと通れないほど狭い5メートルほどの通路である。そこに若い女性が一人蹲っていた。気分でも悪いのかと思って声を掛けようとした瞬間、オイラはほとんど無意識のうちに後退した。なぜならその女性は、

「放尿」

し始めたから・・・。

ほんの数時間の間に出くわした「ホームレスのおじさん&若い女性」による不条理な情景。そのダブルショックによって、オイラの自我はまさに崩壊寸前であった。

まぁ、考えようによっては滅多に見られぬものを見られたのはラッキーだったのかなぁ。多分これ以上の情景に今後出くわすことは無いだろう・・・。殿堂入り決定です!

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*