実録~窓の外から覗いていたのは・・・

不思議系カテゴリー(オカルト、心霊、UFOなどなど)には全く興味が無いことは以前チラッと書きましたが、不思議な体験をしたことは何度かありやす。どれもオイラの中では単なる「幻覚」や「幻聴」と結論付けているので全く恐怖感を覚えてはいませぬ。なので怖い話ではないです。今日はその中の一つを書きます。

何歳の頃だったかは憶えていないんだけど、小学生だったことは間違い。

ある日の夕刻。夕闇が迫り街灯も点灯し始めた頃、母親は夕食の調理をしておった。そしてオイラは殊勝にも皿出しなどの手伝いをしておった。

で、準備が整ってお食事タイム。

「おっと、その前にトイレに行こう!」

と台所を通ってトイレに向かう途中、誰かに見られている気配を感じた・・・。ふと、窓の方に目をやるとガラス越しに家の中を覗いている女性(髪が長かったのでたぶん)がいた。が、問題はそのツラだった。本来あるべき目・鼻・口が無い

「のっぺらぼう」

だったのだ。

さすがにビックリして声をあげそうになったんだけど、それを見越したようにその女性は「すっ」と引っ込むように視界から消えました・・・。

一体あれは何だったんだろう?

恐らく、たまたまオイラの家を覗いていた女性とバッタリ遭遇してしまっただけだと思う。外も暗かったしね!

ん?でも、それはそれで怖いやね・・・(;゚Д゚)ガクガクブルブル

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*