2:2:2の法則

「元気ですかっ!」そして「お米食べてますかっ!」あぁ~、美味しいよねぇお米って。って、デジャヴか???焼き魚には銀シャリ!これが一番でっす。どうせならお米も美味しく炊きたい!で、最近のお米の研ぎ方事情は昔と全然違うのです。TBSの「となりのマエストロ」という番組の3月14日放送で紹介されていた「米炊き名人」による方法は目からうろこでした。

  1. お米に水を注入&掻き混ぜずに水を捨てる。これを2回繰り返す。
  2. その後、水の無い状態で20回掻き混ぜる。(研ぐ)
  3. お米に水を注入&掻き混ぜずに水を捨てる。これを2回繰り返す。

これだけ・・・。お米を研ぐ時間がメッチャ短いっ!

精米技術の進歩により、現在市販されているお米にはほとんど糠が付着していないんだそうです。昔の精米技術によって精米されたお米と、現在の精米技術によって精米されたお米の顕微鏡写真が番組で公開されていましたが、全くそのとおりでした。

とぎ汁の白濁はお米の「でんぷん」なんですって。なので、水が透明になるくらいに研いじゃうとお米の栄養分を捨てていることになってしまうのだそうです。

上記の方法でお米を研いで炊いてみると、味の違いは一目瞭然!オイラは特に「甘み」と「香り」が増したように感じました。あまりにも美味しくてご飯が進み過ぎてメタボラーになりそう・・・。

皆様もどうぞお試しあれ。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*