バイト代をはたいて購入したギターは今何処・・・

以前、サイモンとガーファンクルのことを書きましたが(こちら)、高校時代はポール・サイモンのギタープレイに憧れ続け、1982年の来日公演を生で観るに至って完全にポールの信奉者になってしまいました。その当時ポールはオベーションWのカスタムレジェンド[1]の黒いギターを使用していて、信奉者としては同じギターを持ちたくなるのが心情であります。で、御茶ノ水の某楽器店に楽器を見に行ったのですが、30万円[2]という目の玉が飛び出るような価格が・・・。

とてもじゃないけど高校生には買えないのであり、親に強請るなんてことは当然出来ないわけであり、銀行を襲う勇気もないので懊悩した結果、素直に諦めました。

ある日、都内某所にある楽器店にふらっと立ち寄った時のこと。店頭にオベーションのカスタムレジェンドの黒があり、何気なく価格を見ると7万8千円とありました。思わず

「な、なんでこのオベーションはこんなに安いんですかっ!」

と店員さんに聞いてしまいました。が・・・

「いえいえお客様。このギターはオベーションではなくて、モーリス
“トルネード”っていうギターですよ」

見間違えていたのであった・・・。

確かによく見るとボディの形状が違う。でも、表板は美しい漆黒だし、裏板部分もオベーションと同じグラスファイバー製でした。7万8千円という価格はバイトをすればなんとかなるかも・・・。

そうこうしているうちに夏休みが近づき、オイラは人生初のアルバイトをすることを決意!運がいいことに、たまたま同級生の親戚が錦糸町にある某スーパーマーケットのお偉いさんで、夏休み期間中だけ学生アルバイトを募集しているという話を聞き即決!

夏休みのほとんどをバイトに費やした結果、バイト代は12万円にも達しました。そして、バイト代を貰ったその足で例の楽器店に直行&トルネード購入!

嬉しかったなぁ、あの時は。それから毎日のようにギターを弾いたっけ。

で、現在このギターはどうなったかと言うとオイラの手元にありましぇ~~~ん。大学時代からフラメンコ・ギターにどっぷりのめり込んでしまったので全くこのギターを弾かなくなってしまい、結局後輩のN君に1万円で売ってしまいましたぁ~~~っ!

今にして思えばMOTTAINAI!ことをしたものよ・・・。N君よっ!まだ可愛がってくれているかい?

  1. たぶん・・・ [戻る]
  2. 当時。もっと高かったかなぁ・・・。 [戻る]
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*