アーカイブ : 2010年 6月 15日

「東風吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」

タイトルは学問の神として崇められている菅原道真が、太宰府に左遷された折りに詠んだ歌であります。その道真を祀る神社がかの「太宰府天満宮」であり、道真の末裔である菅原大鳥居信祐が天神信仰を広めるために諸国を行脚し、江戸本所亀戸村にあった天神の小祠に道真ゆかりの飛梅で彫った天神像を奉祀した事をきっかけに、「亀戸天神社」が出来たと言われております。下町に長く住んでいながら今まで行ったことがなく、今日は休日を取ったので散歩がてら行ってまいりました。
続きを読む