アーカイブ : 2010年 6月 23日

天網恢恢疎にして漏らさず

連日、角界における野球賭博問題のニュースがお茶の間を賑わしておりますが、それらを観るにつけ聞くにつけ呆れるばかりである。今回の野球賭博問題に関して言えば、もし琴光喜が暴力団から恐喝されていたことを秘匿していたら恐らく発覚しなかったはずである。野球賭博自体が暴力団の資金源になっているのは明白でありますから、琴光喜の罪は当然重いし、以後、雨後のタケノコの如く賭博行為に及んでいた関取、親方が出てくるに至って開いた口が塞がらぬ方も多いでしょう。“天網恢恢疎にして漏らさず”とはまさにこの事でありましょう。それにしても、ここ近年における角界の不祥事は目に余ること山の如しでございます。
続きを読む