アーカイブ : 2010年 6月 26日

その昔、かなり真剣に挑戦したものがあり・・・そして、挫折した

ギターを弾き始めてうん十年になり、一時期は津軽三味線もやり、どちらかと言うと撥弦楽器に縁があり、「やっぱり弦の手触りは最高!」と指先のエクスタシーに抗えないのであり、そういう意味では“快楽主義者”であり、多分一生の付き合いになること必至であり、でも実は撥弦楽器以外の楽器に真剣に取り組んでいたこともあり、その楽器とはなんとピアノでございます。George Winston(ジョージ・ウィンストン)のあの名作「AUTUMN(オータム」を聴いて触発されてしまったのでした。
続きを読む