ブラジルの美しいワルツたち

Marco Pereira(マルコ・ペレイラ)というブラジルのギタリストを知ったのは随分昔だったと思う。確か、ビクターエンタテインメントから発売されていたブラジルのギタリストのオムニバス盤に彼の演奏も収録されていて、「めっちゃ巧いやん!」と感動したのだったと思う。例に漏れず大変なテクニシャンなんですが、しっとりとした曲を演奏しても凄くいい味を出すギタリストでお気に入りのプレイヤーの一人です。

彼はフランスでクラシック・ギターを学んでいたこともあるので、演奏スタイルはまんまクラシック・ギタリストですが、演奏する曲は自作とブラジル音楽のアレンジに限定されているので完全なブラジリアン・ギターです。

自作品のいくつかはフランスのHenry LemoineとアメリカのGSPから出版されています。

彼のアルバムに「Valsas Brasileiras」というタイトルどおり、ブラジルのワルツを集めた素晴らしいものがあります。

“Valsas Brasileiras”

Valsas Brasileiras

  1. E.Lobo & C.Buarque/Beatriz
  2. E.Nazareth/Eponia
  3. J.Pereira/Eponia
  4. A.C.Jobim & C.Buarque/Eu Te Amo
  5. A.A.Sardinha“Garoto”/Desvairada
  6. A.Jacomino“Canhoto”/Manhãs De Sol
  7. Guinga & A.Blanc/Carta De Pedra
  8. C.Buarque & V.de Moraes/Valsinha
  9. H.Delmiro/Emotiva No.1
  10. A.C.Jobim/Luiza
  11. M.Pereira/Plainte
  12. L.Braga/Valsa Negra

※写真向かって左は旧盤のジャケット。右は現在GSPから販売されているCDのジャケット。内容は全く同じです。

ほとんどがアレンジものですが、大変素晴らしいアレンジ・センスで是非オイラも弾いてみようと楽譜が出版されているか調べたところ、ペライラによる自費出版によるものがで入手可能であることがわかりました。(彼のウェブサイトで紹介されています)

もう10年近く前ですが、まずペレイラにメールで連絡をして入金方法を教えてもらってゲットしました。今はどうかわかりませんが、郵便での国際送金、そしてユーロでの送金を指定されたためちょっと面倒だった記憶が・・・。

おっと、話が脱線してしもた・・・。ブラジリアン・ワルツには名曲が多く、そのどれもが美しいです。サンバ、ショーロ、ボサノヴァもラヴリーですけどね。

このアルバムは輸入盤ですが、比較的入手が容易ですので是非一度ご一聴下さい!

上記のアルバムにも収録されているEdu Lobo(エドゥ・ロボ)&Chico Buarque(シコ・ブアルキ)の「Beatriz(ベアトリス)」を演奏するペレイラ。とっても美しい曲です!

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

Egberto Gismonti(エグベルト・ジスモンチ)の「Frevo(フレボ)」を演奏するペレイラ。カッコいい!

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

Valsas Brasileiras

Valsas Brasileiras [ミュージック]

アーティストMarco Pereira

出版社Gsp Records

出版日2004/08/30

商品カテゴリーCD

Supported by amazon Product Advertising API

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*