アーカイブ : 2010年 6月

あれから2年・・・

秋葉原の歩行者天国が早ければ来月にも復活するという。2年前の6月8日、日曜日。7人もの尊い命が奪われ、10人もの重軽傷者を出すという近年未曾有の無差別殺傷事件が起きました。あの日僕は仕事で、事件のことを知ったのは小岩駅で配られていた号外でした。事件現場の交差点はほんの6日前の月曜日に渡り、いつものように小諸そばの神田明神下店へ行ったばかりだったので個人的にも大変衝撃を受けました。もし日曜日に休日を取っていたら惨劇の起きた12時半前後、あの交差点を歩いていた確率はかなり高かったからです。
続きを読む

レコードからCDになって変わってしまったもの

仕事柄、年間かなりの量のCD(サンプル盤)を聴きます。そのほとんどがギター(クラシック)ですが、その膨大な数のCDの中で「これは素晴らしい!」と思えるCDは2、3枚あれば良い方です。もちろんこれは個人的な好み等は抜きにして、頭の中を真っさらにした状態で公平に判断を下した上での数字です。これはもしかしたらジャンルを問わず当てはまるかもしれません。
続きを読む

九死に一生ハプニング~階段落ち編4

この階段落ちは衆人環視のもと行われて恥ずかしい思いをし、この後、階段を駆け下りることが出来なくなるというトラウマを生んだ嫌な思い出でありまっす。場所はJR某駅の階段。お天気は雨。その時オイラは携帯で某友人と話しながら改札を通過。階段を下りようとすると、ちょうど乗る電車が停車中。通話しながら1段抜かしで階段を駆け下りたその時、
続きを読む

江戸崎探訪~農業の現実

昨年のお盆に父親の故郷である茨城県の江戸崎へ赴いた事を書きましたが(こちら)、この時の記事はいわば“郷愁”であり、今日の記事は“現実”であります。今回は農業の厳しい現実について書こうと思います。探訪とは言っても、2~3ヶ月に一度は理由(わけ)あってこの地を訪れており、そして訪れる度にガックリくるのも事実であります。最初の用事が予定よりも早く終わってしまい、次の用事まで2時間ほどのブランクが出来たのでちょっと近所を散策してみました。
続きを読む

ヤバイ・・・超ヤバイっすよ!オイラの物欲を刺激しまくるメーラーにメロメロの巻

オイラがPCを始めたのはWindows95末期の頃であり、メールクライアントは当然Outlook Express(アウトルックエクスプレス)を使用しており、しばらくすると使い勝手の悪さに凹むわけであり、半年後には有限会社リムアーツ謹製“Becky! Internet Mail”に乗り換えて現在に至っているわけであり、したがって大変愛着があるわけであり、メールクライアントを他のものに乗り換える気はさらさら無い・・・と、断言していたんですが、ちょっと事情が変わってきつつある今日この頃。
続きを読む

星のかけら

まだLPレコードの時代、僕が心から尊敬するクラシック・ギタリストの山下和仁Wさんが、日本の作曲家によるクラシック・ギターのためのオリジナル作品を集めた「モダン・コレクション」という渋いアルバムをリリースしました。その頃はまだ現代音楽に全く興味が無かったのですが、収録曲を見るとかの世界的ジャズ・ギタリストの渡辺香津美さんの名前があってビックリした記憶があります。
続きを読む

「クロ~イカミミタ~イデイヤネ」とのたまう外国人カップルに説教を垂れる

今日、昼食を買いにいつものファミマに行った。と言ってもまだダイエット敢行中なのでサラダだけなんだけどね・・・。すると店内に妙に派手な外国人カップルがいた。女性は真っ赤なヘアカラーに、顔面中所狭しとピアッシングを施したガタイのいいパンク姉ちゃん。男性は昔のヒッピーのような長髪に無精髭を生やしまくった痩せぎす。彼らも昼食を物色中だったようだ。
続きを読む

全人類的お宝必聴盤~Part 12 “サビーカス/Flamenco Puro”

Sabicas(サビーカスW)についてはこれまでも何度か書いたので説明は不要ですね。Paco de Lucia(パコ・デ・ルシア)以前の大巨匠であり、パコも若い頃はかなり影響を受けていたことは否めませぬ。最近の若者はほとんどがVicente Amigo(ビセンテ・アミーゴ)Tomatito(トマティート)を聴いてフラメンコ・ギターを始める方が多いようで、古い時代のギタリストをスルーしている傾向が強いようです。(パコすら知らない人がいるのは以前書きましたね)古い時代のフラメンコ・ギターを理解しないとモデルノ(現代フラメンコ)は全く理解できませぬぞよ。ビセンテやトマティートだってサビーカスを聴きまくって勉強したんですからね。
続きを読む

秘密兵器

オイラは基本的に内勤です。なので楽器搬入等の突発的仕事では体を酷使しますが、それ以外は椅子に座りっぱ、動いたとしても店内や倉庫に行く時、昼食を買いに行く時ぐらいであります。休日の時は散歩で結構歩きますが、運動量はたかが知れているわけで。が、昨年の秋に会社の休憩室に秘密兵器を導入。もちろん会社持ちである。それは、
続きを読む

ナイトメアPart4~広大無辺なトイレとオイラを嘲笑する便器

この夢は現在も時折見ることがあり、あまりに不条理であり、空からオタマジャクシが降ってくるほどに不可思議であり、したがってナイトメアである。何度も見ると言うことは、実際に体験したことと何かしらの因果関係があるはずなんだけども全く思いつかない。そして、この夢を見るたびに「頭の回路がどっかイカれているんぢゃあるまいか?・・・」と本気で自分を心配するのである。
続きを読む