ナイトメアPart4~広大無辺なトイレとオイラを嘲笑する便器

この夢は現在も時折見ることがあり、あまりに不条理であり、空からオタマジャクシが降ってくるほどに不可思議であり、したがってナイトメアである。何度も見ると言うことは、実際に体験したことと何かしらの因果関係があるはずなんだけども全く思いつかない。そして、この夢を見るたびに「頭の回路がどっかイカれているんぢゃあるまいか?・・・」と本気で自分を心配するのである。

内容はこうだ。

街中で急に腹がさしこみ、とあるデパートのトイレに向かうオイラ。が、なかなかトイレが見つからない・・・。脂汗を流しながらがらデパート内を徘徊しているとようやくトイレを発見!3つある個室の一番奥が開いている。「ラッキー!」と快哉を叫びつつ個室にはいるとそこは・・・。

「広大無辺な空間」

が広がっている・・・。「た、確かにトイレに入ったはずなのに・・・つーか、トイレの扉はどこへ行った?」

四方八方は真っ白で空間という感じはあまりしないんだけど、ふと遠方に目を向けると米粒ぐらいの大きさの物体が見える。それを目指して全速力で走るオイラ。だんだんその物体の全貌がハッキリしてくる。それは・・・。

「和式便器」

なのであった。しかも水洗ではなく汲み取り式。でも、そのポッカリ空いた穴は漆黒の闇に包まれていて底が全く見えない。

不条理さに目が眩みながらも取りあえず用を足そうとすると、おもむろにその便器が消えてしまうのだ。

「な、なにぃ~~~っ!」

と狼狽えると、遙か彼方に便器が移動している。また全速力で走るオイラ。用を足そうとするオイラ。そして消える便器。遙か彼方に・・・・・・。

無限ループに突入。切羽詰まっているオイラは「も、もう勘弁してくれぇ~~~~っ!」と頭を掻き毟りながら叫ぶと、その便器の穴の部分に見たこともない人の顔がすっぽりハマっていて、オイラを嘲笑しながら

「残念無念。さらばだっ!」

と言い残して消えてしまうのである。そこで覚醒するのだ、いつも・・・。

フロイトW先生!この夢って一体何なの?夢の中でもいいから教えてっ!

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*