衝撃の告白

書くべきか、書かざるべきか懊悩すること幾星霜。本日わたしくは勇気を奮って告白いたします。実は・・・「音楽なんて嫌いだっ!この世から撲滅してやるわっ!あ”ぁ~~~~~~~っ!ついでにギターもぶっ壊して薪にしてくれるわぁ~~~~~~~~っ!」

と言うのは半分本当で半分ウソ。

「音楽や楽器に囲まれてお仕事できるなんて幸せですね!」とよくお客さんに言われるんですが、オイラも学生時代はそう思っていました。

幸運にも音楽業界に身を置くことが出来て勿論幸せであります。でも、一日中音楽が耳に入り、様々な雑務に翻弄される職場環境にいると数ヶ月に1度、上記のような状態になってしまうのも事実。

このような状態になると音楽はおろか、雑踏の雑音にもイライラしてしまい無音の世界に飛び込んでしまいたくなります。

帰宅後、愛するギターも目に入らないところに移動させ、とにかく音楽に関わる全てのものを目の前から排除します。当然、テレビも観ません。

で、何をするのかと言うと読書をしたり、掃除をしたり、洗濯をしたり、アイロンをかけたり、換気扇を洗ったり、重箱の隅をつついたり、瞑想をしたり、ひたすら腕立て伏せをしたり、散歩したりしています・・・。

ちょっと病的な感じではありますが、要するに“リフレッシュ”をするための作業ですね。短くて2~3日、長くて1週間もすると回復します。これくらい経つと逆に音楽が恋しくなり、ギターに触りまくりたくなります。

人間ってつくづく贅沢でアホな生き物だなと思う・・・。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*