ツヨシガイッパイイル・・・

大学時代のギター部の後輩A君は熱狂的な長渕剛ファンでありました。オイラも元はフォーク野郎だったので好きではありましたが、それほど熱狂的ではなかったな。[1]というわけで、ある日このA君から「○○さん!剛のコンサート行きませんか?いや行きましょう!」と半ば強引に誘われ、折しも長渕さんが主演した「とんぼ (テレビドラマ)W」の凄絶な最終回の放映がされたばかりということもあって、「よしっ!剛と一緒に“とんぼ”を歌おうぜっ!ひゃほ~っ!」と興奮しつつ初めて長渕さんのコンサートに行ったのであった。

メンツはA君、オイラと後輩2人の計4人。場所は「国立代々木競技場 第一体育館」、通称「代々木体育館」でございました。

会場に近づくにつれて明らかに“長渕ファン”と思われる若者(=若い男子)が増え始め、敷地内に入ったオイラは頭がクラクラし狼狽え始めた。なぜなら・・・

「つ、剛がいっぱいる・・・」

そこかしこに“ロン毛の頃の剛(家族ゲームWの頃)”、“親子ゲームW親子ジグザグWの頃の剛”、“とんぼの剛(つまり、英二さん)”がおり、弾き語っており、その各時代の剛にたくさんの人が群れており、剛コールに沸き返っており、つまりその光景に圧倒されてしまったのだ・・・。

「剛のコンサートでは当たり前の光景っすよ!」

と、のたまう後輩A君の誇らしげな顔が実に眩しかったな。

で、コンサートが始まったんだけど確かに素晴らしかった!すんげェパワフルだし、アコギ1本であれだけのボルテージを出せるシンガーは長渕さんだけではなかろうか?

そしてこの日はサプライズ・ゲストも登場!なんと、

“哀川 翔兄貴”

だった。そして、長渕さんと“とんぼ”を熱唱!オイラはたまらず、

「常ぇ~~~~~~~っ!」

とシャウトしてしもた・・・。

いやはや、良いものを見せてもらったわい。後輩A君は今頃どうしているのかなぁ?今も長渕さんを追っかけているんだろうか?

東京都渋谷区神南2丁目1−1

  1. どちらかというと初期(ロン毛の頃)の頃の長渕さんが好きだな・・・今も・・・。 [戻る]
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*