人間考えることは同じなんだね・・・。

YouTubeにパコの新しい動画がアップされていないかなと検索していたら、実に興味深い動画を発見!タイトルを見ると“Finger nails care (Paco de lucia’s style) flamenco guitar lessons / Ruben Diaz”とある。「パ、パコ・デ・ルシア・スタイル?」って何?特別な爪の削り方でもあるのだろうか?ワクワクするぜぇ!つーか、Ruben Diaz(ルベン・ディアス)っていうギタリストは今回初めて知った・・・。興味津々でクリック。まずは動画をご覧あそばせ。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

「びっくりしたなぁ、もう by 三波伸介 (初代)W

この爪の削り方にビックリしたのではないのでっす。ぢゃ、何にビックリしたかというとよぉーく動画をご覧下され。写ってはいけないものが写っちゃってます。そして貴方の後ろにも・・・。

というのは真っ赤なウソでっす。(ちょっと涼しくなりました?)実はオイラ、かなり以前から全く同じ方法で爪を手入れしていたからです。この方法をパコがやっているのだとしたら超嬉しいわっ!だってパコと同じ思考レベルってことだものぉ~~~っ!(激しく興奮)

それはさておき、ギターの教則本には爪の削り方が必ず掲載されていますが、大体が指先に沿って削りなさいと書かれています。でも、実際のところ爪の生え方、爪そのものの形状、大きさ、厚さ、更に右手のフォームなどは千差万別であって、最終的には自分に最も合った爪の長さ、形を見つけなければなりませぬ。入門者&初心者の方にとってこれはかなり難しいことなんですが、この動画の方法はそれを簡単に解決することが出来まっす。

実際に動画を参考にして試してみて下さい。当然爪が削れる部分と削れない部分が出来るはずです。削れた部分が普段自分が弦をタッチしている部分になります。この削れる部分は10人いれば10人とも違いますよ!

後は角張った部分をヤスリで落としてやればいいだけ。

ちなみにオイラは動画のとおりに紙やすり[1]を弦に巻きつけて削った後、グラスファイルというガラス製のヤスリで形を整えて、最終的に使い古した紙やすりで仕上げています。

爪の長さや形で悩んでいる方は是非お試しを。ビックリするくらい指の抜けが良くなりますし、音も太くなります。

Ruben Diaz(ルベン・ディアス)さんは相当のパコ・マニアらしく、サイト上で公開しているパコ・デ・ルシアのテクニックを中心としたVideo Lessonの充実ぶりが半端ぢゃありません。こちらも大変参考になりますよ!

  1. 個人的に紙やすりはタミヤのフィニッシングペーパー P2000番がお勧め! [戻る]
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*