演歌と名器

最近はあまり見かけなくなってしまったけど、演歌のギター用曲集と言ったら木村好夫Wさんのものが定番でありました。うちのお店はクラシック系なのであまり関係なさそうに思われますが、演歌で使われるギターは殆んどの場合クラシック・ギターであり、普段はクラシックを弾くけど実は演歌大好きっ!っていう方はプロ・アマ問わず結構いらっしゃるのであり、たまにお酒を飲みながら爪弾くと結構気持ちイイのであり、実はオイラも好きだったりするのでしっかり在庫を置いていたりしたのね。ある時、木村さんの新しい曲集が出版されたので発注。で、表紙を見てクリビツ。木村さんが手にしているギターがフランスの名器Robert Bouchet(ロベール・ブーシェ)だったのでありますっ!

余談ではありますが、クラシック・ギターに詳しい方はご存知のとおり、ロベール・ブーシェは本業は画家でありギター製作はアマチュアであります。生涯製作本数は200本に満たない極めて希少な楽器でございます。

ブーシェの特徴は非常に強くしなやかな音と、これは彼だけに見られる最大の魅力ですが、音が減衰する寸前にドライブがかかる[1]ところでしょう。

ただ、楽器を細部にわたって観察するとかなり仕事が雑だったりします。使用している材料もそれほど良いものでありませんしね。このあたりはやっぱりアマチュアなんですよね・・・。そんなこともあり、ただでさえ現存する本数が少ないのに加えて、楽器寿命を迎えてしまったものが多い昨今。しかし、状態の良い楽器は前述のとおり、何ものにも代えがたい魅力に溢れた音のため歴史的名器として認知されております。

したがって、パーフェクトな状態のブーシェは現在とんでもない価格になっております。昨年、アメリカの楽器コレクターの間では日本円で¥12,000,000という価格で取引されておりました・・・。

ちょっと余談が長くなってしまった・・・。木村さんは確かこれまた歴史的名器であるドイツの名工、Hermann Hauser I(ヘルマン・ハウザーI世)も所有されていたはず。これも高いよぉ・・・。

演歌と言えばもう一人、うちの古くからのお客様であるアントニオ古賀さんも多数の名器を所有されています。

さて、なぜ演歌系のギタリストは名器を使用されるのか?当然プロのギタリストであれば良い楽器を所有するのは当たり前でありますが、それにしても額は半端じゃありません。

これは推測ですが、木村さんは美空ひばりさんをはじめ多くの大御所の伴奏に引っ張りだこでした。アントニオさんは自らが素晴らしい歌手であり、やはり大御所クラスの伴奏でもご活躍なさっています。そんな大御所クラスの方たちの伴奏に使用するギターが安物ではねぇ・・・やっぱり失礼になるんじゃないかと思うのであります。今度アントニオさんに聞いてみようかな。

そうそう。木村さん、アントニオさんともに演歌のイメージが強いですが、お二人ともジャズを弾かせたらこれまた素晴らしい演奏をされるのであります。アントニオさんはうちのお店でギターを試奏する時はほぼ100%ジャズの曲を弾かれます。これがアレンジ、演奏ともに惚れ惚れするほど素晴らしいのよっ!めちゃくちゃカッコいいよ!もちろんクラシックも素晴らしい演奏をされます。

これぞまさしくプロ!

オイラもちょっとは見習わないと・・・。まぁ、ギター演奏はアマチュアだからなぁ・・・しょうがねぇか・・・。

藤山一郎Wさんの伴奏をする木村さん。曲は名曲中の名曲「影を慕いて」。 う~ん、これはちょっと使用ギターがわかんないなぁ。ブーシェではありません。でも、凄くいい音しています。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

八代亜紀さんの伴奏をするアントニオ古賀さん。これまた名曲「酒は涙か溜息か」。使用ギターはアルゼンチンの名工José Yacopi(ホセ・ヤコピ)。恐らく1960年代に製作された逸品だったはず。とっても甘いロマンティックな音のするギターです。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

【2010年10月20日付記】
ギターソロ用の曲集が復活した模様。

永久保存版 木村好夫 ギターソロ大全集

出版社:シンコーミュージック( 2009-12-22 )

定価:

Amazon価格:¥ 4,104

楽譜 ( 320 ページ )

ISBN-10 : 4401736451

ISBN-13 : 9784401736454


  1. グゥ~ンって感じに音が伸びるのであります。 [戻る]
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*