青春の残滓

今日は久しぶりに映画を観に行きました。実に劇場で映画を観るのは1年半振り。ちなみに鑑賞したのはChristopher Nolan(クリストファー・ノーランW)監督作品の「インセプション」。いやぁ、面白かったわっ!あのラストシーンは秀逸。と、久々の映画鑑賞で大当たりだったのは良かったのだけど、何だか寂しくもありました・・・。今日は新宿歌舞伎町にある新宿ミラノで鑑賞したのだけど、しばらく歌舞伎町に足を運んでいないうちにコマ劇場周辺の変わりようにショックを受けてしまった・・・。

新宿コマ劇場閉館はニュース等で知っていましたが、周辺にあった新宿プラザ劇場、新宿コマ東宝劇場、新宿トーア、新宿ジョイシネマ(3館)、新宿オスカー、東亜興行チェーン(3館)が軒並み閉館になっていた・・・。そう、本日現在、新宿ミラノ(4館)しか営業していなかったのです。

オイラが映画狂だった中学、高校時代。最も多く訪れたのが上記の映画館でありました。ある時は長蛇の列に並び入館を待ち、ある時はデートで訪れ、ある時は客引きのオヤジに追いかけられたり(詳細はこちら)と、青春の残滓がそこかしこに残っている思い出の場所なのであります。

軒並み閉館の原因は、ここ近年開館相成った新宿バルト9、新宿ピカデリーといったいわゆる“シネマコンプレックスW”が大当たりし、“新宿で映画を観る=シネコン”という図式が浸透し、歌舞伎町へ映画を観に行く人が激減してしまったからだそうです。そうかぁ・・・。これも時代の流れなのかもしれませんね。

最近の映画館は確かにとっても快適(オイラの場合、ガタイが大きいので広々とした座席はナイス!)ですよね。でも、オイラは昔ながらの映画館の雰囲気も忘れがたいです。ギシギシ音を立ててお尻がすぐ痛くなる座席、なんとなくベタつく床、ほのかに漂うトイレの芳香剤の香りとかね。

はぁ~、寂しい・・・。

東京都新宿区歌舞伎町
  1. インセプション面白かったですね。
    現在Luziaさんのご希望に近い映画館は三軒茶屋シネマとか??(笑)

    Luziaさんのエリアは新宿だったんですね。
    私が映画狂だった中学・高校時代は銀座・有楽町エリアで鑑賞していました。
    今はなきテアトル東京(シネラマですよ~)旧・有楽座、旧・日比谷映画、シネマ1とか・・懐かしい。
    旧・丸の内ピカデリー、東劇、有楽シネマなどなど、思い出は尽きませぬ。
    でも銀座・有楽町エリアには今もシネコンはなく、それぞれ姿を変えつつも生き残っておりますね。

    今はインターネットでチケットを買う時代。入れ替え制も当たり前。
    お弁当持って1日3回スター・ウォーズなんてのは遠い記憶になってしまいました。

    • Luzia
    • 2010年 8月 17日

    @Angelitaさん
    ビデオ全盛時代に映画館が淘汰され、DVDの時代になって「やっぱり映画は大画面で観るのが最高!」ということでシネコンで大復活。でも、頑張って単館営業していた映画館が逆に淘汰されてしまった・・・。

    まぁ、時代というのは蕩々と流れゆくものでございますしね。しょうがありませんね。

    三軒茶屋シネマ!行ったことがないです。よし!今度行ってみまっす!

  1. トラックバックはまだありません。

*