外国人が歌う日本の名歌に落涙

もう5、6年前のことなのか・・・。月日の経つのは早いものよのぉ。滅多に歌のコンサートには行かないのですが、現在最も実力を誇るスペインのソプラノ歌手、Isabel Rey(イサベル・レイ) と“元祖イチロー”ことクラシック・ギタリスト、鈴木一郎さんのコンサートにうちの社長、オイラ、ほか社員数名と閉店後出掛けたのであった。場所は上野の東京文化会館小ホールでございました。これが本当に素晴らしいコンサートで心の底から感動してしもた。

実はうちの社長と一郎さんは古くからの大親友で、当時まだバルセロナに在住されていた一郎さんは帰国するたびに必ずうちのお店に寄って下さいました。で、ご招待券をいただきコンサートに出向いた次第です。オイラも個人的に一郎さんには可愛がっていただいております。

前半はクラシックの歌曲によるプログラムで、特にHeitor Villa-Lobos(エイトル・ヴィラ=ロボスW)の名曲「Bachianas Brasileiras No.5~Ária: Cantilena(ブラジル風バッハNo.5~アリア(カンティレーナ) 」はこれ以上は無いっ!っていうくらい絶品でチキン肌がスタンドアップ!特に高音域の声の伸びがあれほど自然に歌える方はイサベルさんぐらいしか知りませぬ。

後半はオール日本歌曲によるプログラムでした。中田喜直Wの「夏の思い出」や山田耕筰Wの「この道」など誰もが一度は聴いたことがある数々の名歌を、スペイン語訳ではなく日本語で歌われました。これがまたあまりにも素晴らしすぎてマジで涙腺が緩んでしもた・・・。

が、プログラム後半で歌われたある曲に至ってそれは落涙へと変わったのでした。その曲とは寺島尚彦Wさんの「さとうきび畑W」です。一郎さん曰く「この曲はスペインでも多くの聴衆を感動させる名歌」とのこと。

この日、開場には寺島さんの奥様、娘さんがご招待されていました。曲の説明をしていた一郎さんが、その旨を会場に集まった聴衆にお知らせされた時、感極まって涙されたのが今でも思い起こされます。

本当にに素晴らしかった。歌の力っていうのは凄いですね。幸せな一夜を過ごすことが出来ました。

その後、一同感動の余韻に浸ったままホール近くにある「蓬莱閣」という中華料理店で食事をしていたら、なんと偶然にもイサベルさんと一郎さんもスタッフの方々といらっしゃってビックリ。いやぁ、盛り上がったなぁこれには。この仕事をしていて良かったと本気で思いましたわっ!

イサベル&イチローによる中田喜直の名曲「夏の思い出」のライブ映像です。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

【追記:一郎さんとオイラ】
一郎さんの公式サイトをご覧下されば、一郎さんがどれだけ凄い方かおわかりになるでしょう。長年、音楽監督を務められたバルセロナ・ギターフェスティバルにはフラメンコではパコ・デ・ルシア、トマティート、ビセンテ・アミーゴ、クラシックではジョン・ウィリアムズ、ジャズではアル・ディ・メオラ、パット・メセニーといった超大物クラスのプレイヤーがこぞって参加しています。みんな一郎さんの人柄に共感して参加されているのであります。ある時、帰国された一郎さんがうちのお店に遊びに来られて雑談していたら、「えっ、○○君はフラメンコやってるの?やっぱりパコが好きなの?」と聞かれたので「押忍!オイラはパコ命っす!」と応えたら、「今度バルセロナの音楽祭に来なよぉ。パコはいつも私の家に泊まっていくんだよっ!一緒に飲もうよ!」と真顔で仰るのでありました・・・。今思えばこんなチャンスは二度と無いわなぁ・・・。マジで会社休んで行けば良かったなぁ・・・。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Luzia

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし

  1. 何でバルセロナ行かなかったの~~??(涙)
    私なら仕事を放り出してすぐに行っちゃったのに~。(^^;)
    でもパコさまの前ではLuziaさんは緊張しちゃいますか?
    パコは神様ですものね。
    チャンスの女神には前髪しかありませんから、次回はしっかりと掴んで下さいねっ!

  2. Luzia

    @Angelitaさん
    初めは冗談かと思ったんですよね。でも、本当の話しでした・・・。当然、セクステット(当時)のメンバーも全員やって来て盛り上がるそうです。

    もし本当にバルセロナに行っていたら・・・。う~ん、かえって開き直ってしまってパコの前でガンガン弾いちゃったかも。そして、酔った勢いでパコとデュオ。気がついたらパコのグループの一員になってツアーに参加!その後、パコと共演した日本人初のギタリストとして「情熱大陸」や「ミューズの晩餐」にも出演して・・・。

    まぁ、妄想はいくらでもしていいわけで・・・。

    そう言えば、ビセンテの公式サイトが消えちゃったんだけどなんで?

  3. 酔った勢いなら・・・ありかも!(笑)
    そうしたら今頃日本フラメンコギター界の歴史は変わっていたでしょう!

    ところで・・・あれれ?ホントだ!
    ビセンテの公式サイトが消えてる~(涙)
    どうしてんでしょうね?
    Face Bookの彼のページにもそのURLが載っているんだけど・・・。
    リニューアル中とか??(・・・ってしそうもないなぁ・・。)

*

2010年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【 Twitter 】

【 アーカイブ 】

  • [—]2020 (180)
  • [+]2019 (131)
  • [+]2018 (118)
  • [+]2017 (141)
  • [+]2016 (121)
  • [+]2015 (243)
  • [+]2014 (364)
  • [+]2013 (365)
  • [+]2012 (364)
  • [+]2011 (364)
  • [+]2010 (365)
  • [+]2009 (165)

【 ブログをメールで購読 】

メールアドレスを記入して登録ボタンをポチッと押すと、更新をメールで受信できよりまっす。

【 管理人の素性 】

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし