アーカイブ : 2010年 8月

愛らしい曲とは裏腹に・・・

昨年、没後100周年を迎えた作曲家Isaac Albéniz(イサーク・アルベニスW)。って、これ以前書いたね・・・。アルベニスはギター曲を全く書いていませんが、クラシック・ギターの世界ではアルベニスと同時代に生き、“近代ギター音楽の父”と称されるFrancisco Tárrega(フランシスコ・タレガW)が、アルベニスのピアノ作品のいくつかをギターソロにアレンジして演奏。タレガはアルベニス本人の前でこれらのアレンジを披露しているんですが、アルベニス本人が、「いやぁ、ギターの方がめっちゃええやん!」と絶賛したことは有名であります。以来、アルベニス作品のギターアレンジは現在でも重要なレパートリーになっています。
続きを読む