アーカイブ : 2010年 9月 17日

大ホールで演奏する快感

最近はクラシック・ギターのソロ・コンサートであってもビッグネーム、つまり“お客を呼べる”プレイヤーともなると大ホールで演奏されることも珍しくなくなりました。当然ながらデカイ箱ですから、生音では会場の隅々まで音が行き渡らないのでPAが使用されます。フラメンコ・ギターに至ってはPA使用(しかも、ロックコンサート並の大音量!)が当たり前の昨今。でも、個人的にはアコースティック楽器のコンサートでPAを使用するのはどうなの?と思ってしまうのであります。理由は単純。アコースティック(生音)の音を堪能出来ないからであります。
続きを読む