アーカイブ : 2010年 9月 30日

道徳とは

人々が、善悪をわきまえて正しい行為をなすために、守り従わねばならない規範の総体。外面的・物理的強制を伴う法律と異なり、自発的に正しい行為へと促す内面的原理として働く。

デジタル大辞泉より

続きを読む