アーカイブ : 2010年 9月

黒い悪魔の行く先は、花も恥じらう乙女のほっぺた~これは大変なことになっちまった・・・

昨夜、仕事を終えて小岩駅前のイトーヨーカドーで食材を買い、帰宅途上のとある交差点で信号待ちをしていた時である。何となく後頭部がカサコソしたのね。んで、手で頭を払ったんだけど何も無い。???と思いつつそのまま信号待していると、突然オイラの肩口から何かが飛んだ。何かが飛翔しやがった。何かが離陸しやがりやがったっ!何かが何かと確認するとその何かは多くの方にとって“黒い悪魔”と忌み嫌われているアイツだった。
続きを読む

地球にとっては屁でもない

一昨日までは連続猛暑記録をあっさり超えそうだったのに、台風の影響によりストップ。東京大手町では今日の午後、25℃を下回ったという。すでに多くの方がお気付きのとおり、地球の異常気象っぷりは年々激しさを増しているように思われます。今回の台風9号は福井から関東甲信越、東海地方に抜けるという経路を辿りましたが、日本海側から台風が上陸したのは観測史上初のことだそうです。これは今年の猛暑による海水温度の上昇に因を発しているらしいです。日本に限らず、このような異常気象は世界各地で起こっているわけで・・・。
続きを読む

生意気なガキはぶっとばすぜハイウェイ!

一昨日、稲村ヶ崎から江ノ電に乗って鎌倉駅着。そこからは横須賀・総武線快速に乗り換え、あとは新小岩まで一直線。結構長い距離なんだけど、程良く冷房の効いた車内は読書をするのに最適であります。で、すぐ小説の世界に没頭したオイラ。が、途中の某駅で乗り込んできた小学生4人組み(女の子3人+男の子1人)により現実世界へと強制的に戻されてしまった・・・。
続きを読む

アサリ&ハマグリ大来襲

学生時代(すなわち小・中・高・大)、夏休みとなると毎年のように山形県酒田市の田舎に遊びに行ったものです。こちらは母の故郷であり、NHK・朝の連続テレビ小説「おしんW」で有名になりました。ま、それはさておき、ここんところ海の話しが続いているのでそれにまつわるお話しを。大学一年の夏、いつものように休みを利用して遊びに行きました。今回は東京の親戚も一緒に同行。
続きを読む

江ノ電!

♪俺は村中で一番 モボだと言われた男ぉ~・・・

「それはエノケンWだろっ!」

あぁっ!アキバにある家電量販店ねっ!

「それはオノデンだろっ!」

続きを読む

子猫と戯れる・・・はずだったんだけど・・・不測の事態発生により却下&絶叫

なんで動物の赤ちゃんって可愛いいんですかね。オイラはとりわけ子猫に弱い。あの可愛さはもはや罪である。うちはペット禁止のマンションなので残念ながら飼えないのだけど・・・。街中で子猫を見かけて擦り寄られた日にゃ、「あ~いあい、可愛いでちゅねぇ~」と人目も憚らず赤ちゃん言葉全開になることは言うまでもない。最近、我が地元小岩に「Cafe Bar 猫カフェ」なんてものが出来た。今度行ってみよう!それはさておき今日、出勤のために小岩駅に向かっていた時のことである。いつも通る裏道の片隅に一匹のラヴリーな子猫を発見!
続きを読む

己の無知っぷりに黄昏れる(朝なのに・・・)

今日、出勤のため小岩駅に向かっていた時のことでございます。ふと駅近くにあるミスド(ミスタードーナツね。念のため)の入り口に張り紙がしてあったで何気に見たら・・・なんと閉店していた・・・。ここのお店は駅に向かう途中にあるとても人通りの多い場所にあり、したがっていつ覗いても盛況であり、閉店とは全く無縁の雰囲気があったのでまさに晴天の霹靂でございました。で、その張り紙を一読して思わずドキっとしてしまいました。正直「え?な、な、な、何で・・・」って感じっす。思わず写真を撮ってしまったのでご覧あれ。
続きを読む

飲めラー

今年最大のヒットってやっぱり“桃ラー”こと「辛そうで辛くない少し辛いラー油」でしょうね。未だに品薄みたいだし。オイラもあまりの旨さにハマってしまったし。食べ過ぎてちょっとメタボったし。街を歩けば、“自家製食べるラー油”っていう触れ込みの商品が多数見受けられるし。で、でも、こ、これはどうなの?オイラはちょっと飲む勇気が無い・・・。だって飲めるラー油だよ・・・。それは、ハタ鉱泉株式会社謹製「ラー油風ラムネ」でっす・・・。
続きを読む

スズメバチは洒落になりません・・・

スズメバチに刺されたことがありますか?オイラあります・・・。あのね、半端ぢゃねぇよ。もの凄く痛ぇし、もんの凄ぉく腫れるし、むんぬ凄ぉ~く泣けます。奴らには迂闊に手を出してはいけません。決して理性は通じぬし、どんなに詫びても許してはくれぬ。もし奴らに目を付けられたら速攻で逃げるべし。100メートル走でウサイン・ボルトWの記録を破れることウケアイ。(たぶん・・・)
続きを読む

2001年11月29日

我が職場の机上に10年ほど愛用しているとあるブツがございます。このブツは通常、机の端にひっそりと佇んでいるのですが、月に一回だけフル活動いたします。月一回とはいえ、10年も使い続けているため外観はかなり年季が入っており、いつ壊れてもおかしくない状態であります。そんなボロボロの状態ではあるのですが、オイラはこれを捨てるこほどど到底出来ません。それほど愛着を持っているのでございます。その愛するブツとは・・・
続きを読む