己の無知っぷりに黄昏れる(朝なのに・・・)

今日、出勤のため小岩駅に向かっていた時のことでございます。ふと駅近くにあるミスド(ミスタードーナツね。念のため)の入り口に張り紙がしてあったで何気に見たら・・・なんと閉店していた・・・。ここのお店は駅に向かう途中にあるとても人通りの多い場所にあり、したがっていつ覗いても盛況であり、閉店とは全く無縁の雰囲気があったのでまさに晴天の霹靂でございました。で、その張り紙を一読して思わずドキっとしてしまいました。正直「え?な、な、な、何で・・・」って感じっす。思わず写真を撮ってしまったのでご覧あれ。

小岩のミスドにて

文頭、文末に書かれた“合掌”という単語に目が釘付けになってしまったのだった。“合掌”という単語から連想するものは「故人に対する礼節」くらいしかなかったので・・・。

なので、閉店の挨拶に書かれた“合掌”に違和感を感じてしまったのね。で、出勤するや否やas soon as possibleネットで“合掌”の意味を調べて納得。

日本では仏教に関する儀式の際に行われるだけでなく、お詫びをするときやお願いをするときに、相手を持ち上げるための仕草として使う例もある。

Wikipediaより抜粋

感謝の念を表す場合にも使われるんですね。齢○○年にして初めて知ったわ・・・。思わず朝っぱらから黄昏ちまったよ・・・。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*