酔夢譚 其の一~ノーズヘア。しかもそれはキューティクル満載のストレートだったの巻

いやはや、昨日はちょっと酒が過ぎた・・・。反省であります。やっぱり、酒は呑んでも呑まれてはいかんですな。で、昨日は速攻で寝ちまったんだけど、何だかたくさん夢を見た気がしまっす。夢って極めてリアリスティックな展開を示すこともありますが、ほとんどは不条理な世界であり、悪夢だったり、淫夢だったり、スラップスティックだったりと結構面白かったりしますな。(ほんとか?1)昨日は久し振りにアホな夢を見てしまった。あまりにもバカバカしいので披露したいと思いまっす。

まず、夢の中で目覚めるオイラ。どうやら朝のようだ。ここまではとってもリアル。欠伸を一発かまして、洗面所で洗顔をするオイラ。その後、髭を剃って朝食を食べ、一服しているといきなり、

「へ~~~~~~~っくしっ!」

とクシャミが出た。その勢いで鼻水が右の鼻の穴からブバッと噴出!慌ててティッシュを手にして鼻をかもうとすると、鼻水ではなく鼻毛が出ていたのであった。

「な、何ぃ~~~~~~~!」

と狼狽えるオイラ。

なぜなら、その鼻毛が実にToo long!だったからだ。何とその長さは胸元まであるのだ。イケメンのオイラ(ほんとか?2)が台無しだ。と、取りあえず切ろうと鼻毛切りはさみで処理。ふぅ・・・。よしよし、これで一件落着。

「まぁ、最近は空気が汚れているからなぁ。特に都会はさっ!そりゃ、鼻毛も伸びるはな」と、その尋常じゃない長さのことはあっさりスルーしてホッとしていると、何やらまた鼻がムズムズする・・・。

ま、まさかなぁ・・・と思い切って鼻をかんで見ると、今度は両方の鼻の穴から鼻毛がシュルリンっと出てきた。そして、それはやっぱり胸元まで達する長さであり、両穴から出ている様は恐怖というよりもはや笑いである。

「な、何だこれ~~~~~~~っ!(笑)」

と腹を捩って大爆笑。ヒーヒーと涙を零しながら鼻毛をカッティング。

ちょっと冷静になって切った鼻毛をよく観察すると、これが見事なキューティクル満載の艶々ノーズヘアであり、このまま収集すれば仲間由紀恵もクリビツテンギョウな黒髪ワンレンのウィッグが作れそうなクオリティなのである。

コイツは千載一遇のチャンス!とばかりに、フンッ!と再度鼻をかんで見ると、出た。また出たよっ!試しに鼻毛を切らないまま鼻をかんでみると、出る出る。脛のあたりまでに達する艶々黒々ノーズヘア!

その後、更に伸ばし続けて鼻毛どうしを結んで縄跳びをするオイラ。

「わ~い、鼻毛で縄跳びが出来たよぉ。オイラって最高!」

と、全然最高じゃない状況の中、延々と縄跳びをし続けるのであった・・・。

アホここに極まれり。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*