アーカイブ : 2010年 10月 8日

“日活ロマンポルノ”経由“三省堂書店”~あわや一触即発の血煙大乱闘に発展するかと思いきや、結局何も起こらず帰宅の途につく三馬鹿男子高生のある青春のひとコマ

なんなんだこのタイトル・・・。自分で書いていて恥ずかしいわ・・・。まぁ、中高生の男子なんちゅうもんは、長い人生の中で多かれ少なかれ“アホ”な行動にある種の“一途さ=情熱”をもって突っ走る生き物であり、大人になって振り返ってみると超ぉぉ~恥ずい事をやらかしているものである。高校2年生のある日。悪友2人とオイラは授業をサボり(おいおい)、向かった先は上野であった。
続きを読む