羽衣伝説

以前、お気に入りの作家である池上永一Wさんの「シャングリ・ラ」という作品をご紹介しましたが(こちら)、現時点での彼の最高傑作はやっぱり「テンペスト」でしょう。もうですね、超絶的に面白いでっす!先月、文庫版の第1巻が出版されました。12月に刊行される第4巻で完結します。是非ご一読を。強力にお勧めしまっす。で、この「テンペスト」の中でもちらっと出てくるのが、“羽衣伝説”であります。日本各地に伝わる最も有名な伝説ではないでしょうか?

実はクラシック・ギターの作品に、そのものズバリ“羽衣伝説”という曲があります。この作品は日本を代表する優れたギタリスト作曲家である藤井敬吾さんが、沖縄の作曲家・山入端 博さんが作曲した歌“はごろもの民謡”に基づいて作曲したものです。変則チューニング(6弦からDADGAD。アコギの世界ではよく使われる通称“ダドガド”ですね)を駆使した、演奏時間20分に及ぶ大曲です。

大変ドラマチックな作品で、ここ近年若いギタリストを中心に演奏される機会も増えていますし、海外のギタリストも演奏し始めました。随所に“沖縄音階[1]”や特殊奏法が使用され、“カチャーシーW”を彷彿とさせる熱狂的な踊りも登場します。

羽衣伝説1 羽衣伝説2 羽衣伝説3

沖縄音階って不思議ですよね。何とも言えない浮遊感がたまりません。

沖縄音階を使用したギターオリジナル作品はオイラが知る限りこの作品だけかと思います。(アレンジ作品はたくさんありますけどね)

オイラもちょこっと弾いてみましたが、なかなか気持ち良ろし。

この作品を録音している若手ギタリストの雄、大萩康司さんのライヴ演奏の映像をどうぞっ!(前半と後半に分かれています)やっぱり大萩さんの演奏センスは抜群であります。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

ぜひ「テンペスト」も!

テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫)

著者/訳者:池上 永一

出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2010-08-25 )

定価:

Amazon価格:¥ 637

文庫 ( 310 ページ )

ISBN-10 : 4043647115

ISBN-13 : 9784043647118


  1. ドレミファソラシドのレとラを抜いた音階。 [戻る]
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*