アーカイブ : 2010年 10月

世界の郵便事情から

ぷれぜんてっど・ばい“富士通

間違ってるからっ!それ、世界の車窓からだからっ!さて、日本郵政&郵便事業&日本通運が統合し“JPエクスプレス株式会社”が発足。7月1日からサービスが開始されたことは皆さんご存じのとおり。開始早々から遅配のトラブルが頻発。現在も問題山積状態が続いているようですが、頑張って欲しいものでございます。それでも、日本における郵便や宅配便の状況はヨーロッパに比べたら天と地の差が有るほど優秀だと思う今日この頃。
続きを読む

欲しがりません勝つまではっ!

太平洋戦争W終結から65年を経て、見かけ上(?)は繁栄を極めている日本。例えば、東京を見回してみても、かつてここが東京大空襲Wによって一面が焼け野原となったとは到底想像出来ないのでございます。高度経済成長Wの真っ只中に生まれた世代にとっては尚更でございます。戦争真っ只中にあった当時、非国民抑制のためにいくつかの標語が唱えられたことは皆様もご存知のことでございましょう。
続きを読む

おおロミオ、どうしてあなたはロミオなの?

「フッ、知りたいかい?マイ・スウィート・セニョリータ。それじゃ、僕の超絶サパテアードについてこれたら教えてあげるよ~ん・・・」 なんともくだらない夢を見てしまったものよ・・・。きっとこの間久し振りに観たあの映画のせいかもしれないな・・・。スペインのFrancisco Rovira Beleta (フランシスコ・ロビラ・ベレタ)監督による1963年の名画、「Los tarantos(邦題:バルセロナ物語)」でございます。あの「ロミオとジュリエット」のフラメンコ版であります。
続きを読む

“日活ロマンポルノ”経由“三省堂書店”~あわや一触即発の血煙大乱闘に発展するかと思いきや、結局何も起こらず帰宅の途につく三馬鹿男子高生のある青春のひとコマ

なんなんだこのタイトル・・・。自分で書いていて恥ずかしいわ・・・。まぁ、中高生の男子なんちゅうもんは、長い人生の中で多かれ少なかれ“アホ”な行動にある種の“一途さ=情熱”をもって突っ走る生き物であり、大人になって振り返ってみると超ぉぉ~恥ずい事をやらかしているものである。高校2年生のある日。悪友2人とオイラは授業をサボり(おいおい)、向かった先は上野であった。
続きを読む

幕末ロマンス

さてさて。大河ドラマ「龍馬伝」も佳境に入ってまいりましたな。このドラマを機に幕末史に興味を持たれた方もおりましょう。幕末志士って映画にしてもドラマにしてもコミックスにしてもアニメーションにしてもみんな“超美男子”に描かれる事が多いわけですが、実際はどうでありましょうか。坂本龍馬W高杉晋作W西郷隆盛W近藤勇Wの写真(西郷さんは絵だけどね)を見る限り、お世辞にも美男子ではありませぬな。土方歳三Wはかなり美男子だと思いまっす。が、もう一人おったわ。奥様も信じられぬくらい“超美人”のあの人です。
続きを読む

El Sur

以前、Victor Erice (ビクトル・エリセW)監督の「Espiritu de la colmena(邦題:ミツバチのささやき)」という作品の事を書きましたが(こちら)、その10年後に製作された「El Sur」(邦題:エル・スール)も忘れることが出来ない作品であります。前者がスペイン内戦W中、後者はスペイン内戦後の物語であり、もし可能であれば、この2作品は続けてご覧になることをお勧めいたします。
続きを読む

秋が来れば思い出す

今年の夏はあんまりにも暑くて思わず現実逃避したくなっちまったほどだ。さすがに10月に入りめっきり秋めいてきてホッとしている今日この頃。なんだけども、季節の変わり目っちゅうのは油断すると風邪をひいたりするので皆さんも気をつけたまえっ!と、本復したと思っていた風邪がぶり返し、鼻水をじゅるんじゅるん垂らしながらこれを書いているオイラ・・・。面目次第もござらぬ。で、秋になると思い出す・・・。ある日気が付くと、街中に漂う芳香。いい香りなんだけど、オイラはいつも微妙な反応を示してしまう。それは・・・
続きを読む

七曲署に女々しい新米刑事がやって来たっ!思わずボスは“女々しかっ!”となぜか博多弁で叫び、晴れて新米刑事のあだ名は“女々しかっ!”に決まったのだった・・・。


 
つづく・・・
 

続きを読む

本格的なフラメンコ・ギターは難しそう・・・

と思われて手が出せず、それでも、フラメンコ気質に溢れた曲を弾いてみたいなぁと思っていらっしゃる方が意外と多いのでクリビツ。オイラとしては是非フラメンコ・ギターをやって欲しいのですが、無理強いは出来ませんものね。で、そんなこんなでお嘆きの貴兄にうってつけの作品を数多く残した作曲家をご紹介しましょう。Ángel Barrios(アンヘル・バリオス、1882-1964)でっす!
続きを読む

アーカーベーアハトウントフィルツィヒ~AKB48をドイツ語読みにするとなんか萎える・・・

つい先日、家のポストをチェックすると1枚のチラシが入っておりました。「けっ!どうせまた勧誘のチラシぢゃろ?」とボヤきつつチェックすると、それは来週10月9日(土)、10日(日)に開催されるAKB48 東京秋祭り!in 葛西臨海公園”のイベント告知チラシでござった。今や飛ぶ鳥を落とす勢いの大人気アイドルグループであるAKB48。告知チラシなど撒かなくても、彼女たちのイベントならあっという間にチケットは売り切れると思うのでありますが・・・。
続きを読む