アーカイブ : 2010年 11月

ギターは弦楽器ではなく、実は打楽器です!(ガチ)

嘘です。でも本当です。おいおいどっちなんだよっ!一般的にはやっぱり弦楽器ですね、ハイ。でもギターって箱状ですから、叩くといい感じの音がするのも事実。フラメンコ・ギターの場合はゴルペが普通に使用されますし、クラシック・ギターの作品でもパーカッションを模した奏法が出てくる作品も結構あります。滅多に演奏されませんが、クラシック・ギターのための現代作品に、ギターを膝の上に置いて終始打楽器的な演奏をする作品があります。
続きを読む

トウモロコシとヘリコプター~無垢なる幼兒(おさなご)に与えられた最初の試練は意外にも高い壁だった・・・落涙

あんたは滑舌が良いのか悪いのかと聞かれたら、「どっちかっていうとぉ、良い方かもしんなぁ~い」と答えるだろう。てか、何このチャラい返答?たまにお客さんから「○○さん、いい声してますね」と言われるので、強ち間違っていないとは思う。それよりもうちの店長!もの凄ぉ~~く滑舌が悪いっす。加えて早口。だもんで、内線が掛かってきた時なんか「えっ?なぁ~に?」と何度も聞き返してしまうのねん。
続きを読む

創業240年の老舗楽譜出版社

さぁ~てさてお立会い!本日お集まりの善男善女の皆様方におかれましてはゴキゲンよろしゅう!はてさて皆の衆は日本語以外に話せる言語がいくつござるかな?なっ!まさか日本語だけぢゃとっ!イカン、イカンぜよそんなことぢゃあ。国際化社会においてはせめて英語ぐらいは話せんとマズイぜよ。え?あっしはどうかって?モチロンあっしは世界中のありとあらゆる言語がぺらぺらぜよ。しょうがないのぉ。ぢゃあ、今日は特別大サービスぜよ。たった一日で世界中の言語をしゃべることが出来る秘技を伝授し申そう。それはの・・・
続きを読む

フラメンコの王族

Habichela(アビチュエラ)家と言えばフラメンコの名門一族であり、もはや王族と言っても良い大貫禄であり、実はオイラは隠れPepe Habicuhela(ペペ・アビチュエラ)ファンであり、家ではこっそり彼のブレリアなんかを弾いて一人悦に入っているのであり、その度に「あぁ、オイラは生粋のにニホンジンなんだなぁ・・・。全然ノリが分からねぇ・・・。ぬぁ~~っ!可能なら血液をヒターノの血に総入れ替えしてぇなぁ・・・」と本気で思うのであった。
続きを読む

我が貞操

我が闘争Wとは一切関係ござらぬ。誤解無きよう・・・。詳細を書き記すと大長編になってしまう故、大幅に割愛する。我が輩は中学3年の1学期をもって、このブログでもたびたび書き記している茨城県稲敷市(当時は郡)江戸崎町に転宅することに相成った。クラスメイトが催してくれたお別れ会で落涙しつつ別れを告げ、夏休み中に同地へ移り、心機一転、新しい中学への通学準備も整い2学期を迎えた。
続きを読む

都会の片隅に今もひっそり佇むものシリーズPart1~秋葉原編

休日は相変わらず目的もなく街を徘徊しているオイラです。世間一般にこの行為は“散歩”と呼ばれている。で、定休日である今日。いつものように秋葉原にある行きつけの“小諸そば”で昼飯を喰らい、今まで足を踏み入れたことのない通りを歩いてみることにした。万世橋を渡ってすぐ左の道を歩いていると、左手に一瞬ここが秋葉原とは思えない何ともこぢんまりとした雰囲気のある神社に出くわした・・・。その名を、
続きを読む

イタズラ書きが大好きなのでっす・・・大人なのに・・・(反省)

国語の教科書に掲載されている文豪の肖像写真、歴史の教科書に掲載されている肖像画や肖像写真、美術の教科書に掲載されている名画の数々、雑誌のグラビアなどなど。要するに人物、キャラクター、その他もろもろの写真にイタズラ書きをされた経験はどなたにもござろう。で、オイラは今でもやっている精神年齢が極度に低い大人でありんす。完成したイタズラ書きを見てゲラゲラ笑っている自分が最近ちょっと心配でござる・・・。
続きを読む

昭和残影~早稲田松竹

Twitterでつぶやいたとおり、今日は年に一度の健康診断でありました。場所は“医療法人社団西早稲田クリニック”という所でございまして、JR高田馬場駅から早稲田通りを東に進み、明治通りをちょっと超えた所にござる。身長、体重とも変わりはなかったのだけど、視力が落ちてしもた・・・。ついに両眼とも1.0を切ってもうた・・・。未知の数値に畏れ慄いておる次第でござる。って、今日はその話ぢゃねぇえんだわ。明治通りの手前に昭和の香りを色濃く残す素敵な建物があるのねん。
続きを読む

クアトロ・ワン

ウ○コっ!

も、もとい・・・。

クソっ!

何で気づかなかったがじゃろ・・・。オイラはダメ野郎です・・・。人間失格であります・・・。はぁ~、また旅に出よう・・・。
続きを読む

素晴らしき“~”の世界

世の中には様々な記号があって、その特性上極めてシンプルなデザインのものが多いですね。まぁ、文字そのものも記号であるわけですが、漢字は複雑すぎるけれども、アルファベットは大変わかりやすい!記号はシンプル故に組み合わせによっては絵にも見えますね。皆さんよくご存知の顔文字がまさにそれであります。正式な使い方ではないけれど、日本語(漢字、平仮名、片仮名)と組み合わせると同じ意味でもニュアンスがガラリと変わってしまうものがあります。オイラもブログ記事で多用しているんですが、おわかりでしょうか?
続きを読む