電車内化粧師哀歌

電車に乗っているとほんと色んな方に遭遇しますね。それにまつわる話はこれまで何回か書いてきましたが、見ていて腹立たしくなり、そして哀しくなり、思わず“哀歌”を歌いあげたくなってしまうのだよ、オジさんわ・・・。“三大哀歌”というカテゴリーを作るならば、まず第一に“電車内携帯哀歌”(携帯にまつわる記事はこちら)、第二に“電車内飲食哀歌”、第三に今回書く“電車内化粧師哀歌”というところでしょうか。電車内で化粧をしているうら若き乙女がとても多い昨今。あんまりオジさんをドキドキさせないでおくれよ・・・。

ついこの間、オイラの対面に座った女性は凄かった。見るとはなしに見るとスッピンであり、座ったとたんにバッグから手鏡を出されたので嫌な予感はしたのです。すると出るわ出るわ・・・いろんなお化粧道具が。

化粧が完成するまでを哀歌にしてみよう。(でも、曲調は明るめに!)

ファンデーション塗る塗る and ハタクハタク
(Oh!ぱふぱふイェース)
眉を描く描くラメ入りペンシル and ビューラーくるくるまつ毛カールっ!
(Yes!クリンクリン)
グロス塗る塗る So ウェッティ and チークで頬は So ピンキー
(Very!キュート)
だって私は女の子 お化粧命の女の子

~リフレイン~
人の目なんて関係ないしぃ~ いつでもどこでも可愛くなくっちゃっ!
それが乙女の生き様だからぁ~ 誰にも止められないんだもぉ~ん

まぁしかし、あれだ・・・。(汗) 乙女心がわからぬオジさんではないのだけど、やっぱりねぇ・・・恥らいというものがあってこそ“乙女”でありんしょう?そうざんしょう?どうかそうあってちょうだいっ!

ただ感心してしまうのは、揺れる車内で眉を引いたり、ビューラーを苦も無く使用出来るテクニックは凄いなぁと・・・。化粧師も真っ青のテクだと思いますですよ。

でも、その作業に没頭している女性はほぼ例外無く、“変顔”になっているわけで・・・。そのあたりお気付きなのかしら?せっかくの器量良しが台無しぜよ。

あとね、危ないよぉ~。もしマスカラ塗っている時や眉引いている時に電車が大きく揺れたり、急停車したりしたら目ぇ突っついちゃうかもしれないよぉ~。ねっ!だからもう、電車の中でお化粧するの止めようね。ちゃんとおうちでしてこようね。はい、じゃあ今日はこれで解散!

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*